■軍医(キリコ)/TVアニメ ヤング ブラック・ジャック

ヤングブラック・ジャック クリアポスター4 YBJ-CP04TVアニメ「ヤング ブラック・ジャック」の第5話~第6話に登場し、エピソードの最後の最後で視聴者側にのみ名前が明かされた「軍医」こと、未来の「ドクター・キリコ」

手塚版BJは大好きなので「ドクター・キリコ」は先に知ってました。
なので、その若かりし頃とはいえ、まさかCVが諏訪部順一さんになろうとは。びっくりです。
正確には、諏訪部さんがキャスティングされるようなキャラとして描かれていることにたまげた。

ちょっとクセはあるけど、いわゆるイケメンじゃないですか。キリコさん、イケメンだったのか・・・。
BJになる間黒男くんはキャラクターを知ったその日からカッコいいと思っていたけど、キリコさんにその認識は無かったです(笑)。

若い頃のキリコ=「軍医」との初接触は、アニメ第4話の初っ端。
第4話の中の一部がOP前に流れたんですが、その構成のおかげで初聞きセリフがスカイダイビングしながらの叫び→「俺の患者に、早く会わせろ~!!」でした。

いや~YBJに関しては予備知識が全く無かったので、驚いた(笑)。
諏訪部さんの言い方がまた、なんかおかしいよねこの人・・・と思わせるハイな感じで。
正直、この時点ではベタにカッコいい諏訪部さんの声は聞けないかもしれないと思いました。もちろん、それはそれで面白いので全然いいんですけども。

そして第4話の中に正式に登場した軍医。
最初は自信に満ち溢れ、言動がちょこちょこハイ。
手術が始まってもそれががらりと変わることはなく、少し落ち着く程度。
ですが、手術後・・・「医学生くん」と呼んでいた黒男の実力を認めた後からするっと変わりました。イ ケ メ ン 化 !! (笑)
諏訪部さんの演技も落ち着いたことで男前になっちゃって、大人の男性声で中音低めだし(これ自体は初登場時から変わらず)、喋り方だけでもデキる男な感じで素敵だった~!!
登場の仕方と初対面の場での言動は演技だったのか?と問いたい。

軍医のシーンがそれほど多くないので情報が少ないんですが、軍医はスカイダイビングでやって来て「俺の患者を」と言うところまでは黒男を医学生だと知りません。
黒男が「俺の患者だ!」と主張して以降は"医学生のくせに"という意識があって、黒男をバカにしているというか下に見ているというか(まぁ資格の有無、経験の差などからしたら仕方ない)、そんな感じで突っかかってくる黒男を挑発しているのかなぁと思えますが、その前までがあるからね・・・。軍医のキャラがよく分からない(笑)。

黒男以外のキャラとのやりとりは必要以上には出てこないので(ゆっくりふたりで話すのなんて黒男とだけ)比較も出来ないんですが、それでも対黒男で「医学生と分かる前まで(ちょいハイな言動の自信家)」「医学生と分かってから(挑発的)」「実力があると認めてから(自信家は変わらないが態度が落ち着く)」の三段階があったというよりは、全員に対して「ちょいハイな言動の自信家」で、医学生なのに突っかかってきた黒男にのみ「挑発的」になり、認めて「自信家は変わらないが落ち着く」になった感じ・・・?
でも黒男を認めてからはみんなへの態度も変わっていたような?
ああでも、認めた後は黒男と夜に会話→次の回になって事件発生(昼間)、だったので状況的に変わらざるを得なかったとか?
けど、事件を知らせられる前にも村人にいい態度してたよね。頼ってきた村人を診察して治療しようとしていた描写がありました。

う~む。謎なキャラだ。
「早く、早く会いたい。俺の、患者に、早く会わせろ~~!!!」
「では早速みせてもらおうか。俺の(←口調で強調)患者を」
「医学生?ハーハッハッハッ」
あたりの言動があるからなぁ(笑)。

・・・・・・ま、いいか!楽しめたし!最終形態がツボだったし!

ちなみに落ち着いて以降は最後までイケメンラインでした。寧ろどんどん男前に。カッコいいよ、軍医!ラストはなんか爽やかだったし!
・・・この後、闇落ちするのか・・・。ドクター・キリコになっちゃうのか・・・。
幼い頃に辛い経験をしたが故に医者になりたいと強く思っていたハズの黒男がそうなってしまうのと同様、余程のことがないとそうはならないだろうから、その経緯がとっても気になります。しんどい話なんだろうけど!

って、そのお話はYBJの原作の方には既にあるみたいですね。今回のアニメは3ヶ月で11話か12話で終わりの為、このエピソードがアニメになる可能性はないようですが。
見たかったなぁ。この軍医がドクター・キリコへと成る道のスタート地点に立ってしまうお話。・・・と、それを演じる諏訪部さんの演技が超聞いてみたい。

本家BJの声を担当していた大塚明夫さんが、アニメ本編の最初と最後と予告でナレーションをされていますが、そのやり方がまるで「過去(の自分)を振り返っている」ような感じなので(それだけで聞くと微妙に合わない時もありますが)、もしも本編にBJとなった黒男が登場するとしたら、その声は大塚さんなんでしょうか。
いや、キリコの声がですね。もしもYBJの中で、後のキリコが登場した場合、その声も諏訪部さんではないのかと思っちゃったり。・・・ってYBJの中に「BJにも出てくるドクター・キリコ」は登場もしてないし(多分)、そもそもアニメになる予定もないのに考えてどうするんだって話なんですが。
単にドクター・キリコな諏訪部さんの演技が聞きたいだけです(笑)。

諏訪部さんが軍医役でなくても間違いなく見ていたアニメですが、諏訪部さんが軍医=キリコだったことでなおさら楽しめました。※まだ終わってません。
そうじゃなかったら、キリコのことを記事にはしていなかったような気がします。
改めて考えてみたら、キリコは黒男とは違い、ちゃんと医者になっているところから闇落ち(彼の安楽死に対する考え方を闇と言い切っていいものかは別として)しちゃったんですよね。黒男とはまた全然違うドラマがあって当然。

・・・YBJ原作マンガのそのエピソードが読みたくなってきた・・・。
アニメ第二期やらないかなぁ。でもってそこでアニメにしてくれないかなぁ。
何の根拠もないですけど、ちょっと期待しておきます。( ̄▽ ̄)
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments