■陵子の心霊事件簿/篠原千絵

陵子の心霊事件簿(1) (フラワーコミックス) 陵子の心霊事件簿(2) (フラワーコミックス)
書庫の整頓をしていたら、久々に目にして思い出したので記事にしてみました。

「陵子の心霊事件簿」
私の中では「闇のパープル・アイ」に始まり、「海の闇、月の影」を経て、「蒼の封印」で接触が一区切りついた漫画家・篠原千絵さんの作品です。

陵子の心霊事件簿(3) (フラワーコミックス) 陵子の心霊事件簿(4) (フラワーコミックス)
すごく好きな漫画でした。篠原さんの作品の中ではおそらく1番に好きかなぁと思います。

・・・とは言っても、最終的には拓(ヒロイン・陵子の相手キャラ)の元カノが登場するエピソードまでが個人的な好きと萌えのピークでした。

その後は話が進めば進むほど好みとはズレていってしまい、そのズレが最大になったところで完結してしまったので、総評としては非常に難しい作品でもあります。平均すると普通・・・?
最初からピークの間が★4~5、そこから下がっていって★3~2という感じでしょうか。

陵子の飼い猫ポウの遺体の中に入り込んだ拓が、霊感の強い陵子に自分の正体を突き止めてくれと頼む(物語の途中まで記憶喪失)為に現れるところから話が始まり、最初の方は拓の正体探しよりも、陵子の身の回りで起こる霊絡みの事件をポウ(拓)の力を借りて陵子が乗り越えていく(解決していく)という流れの短めのエピソードが続きます。

↑このあたり、好きだったぁ!
霊絡みのお話なので時々作画が本気でコワイ時もあったんですけど(苦笑)、それ以上に「中身が人間な白猫のポウの仕草がいちいち可愛い」「飼い猫だから家にいる時はべったり状態」「猫でも中身が人間の男性+霊体では上半身登場で裸の為、陵子との間に時折微妙な空気が流れる(主に陵子が意識する)」「いざという時に拓が陵子の兄に乗り移って動き回るが、その時の兄が見た目まるで別人のイケメン状態。でも体が兄なので陵子との距離感が微妙」あたりが楽しくて萌えてました(笑)。

そしてピークだったのが、拓の元カノ登場エピソード。
拓の記憶はそこでも完全には戻らなかったんですが、色々な事情が判明した上でも元カノを選ばなかった(まだそういう関係じゃなかったけど陵子を助ける方を選んだ)拓に萌えた萌えた。元カノ視点だと超切ない話なんですけど。彼女なんにも悪くない(涙)。

で。この後から、少しずつ自分の好みとはズレていきます。拓が自分の身体を取り戻したり、記憶も戻ったり、陵子と恋人関係になったり・・・おいしいハズだったのになぁ。
詳細は省きますが、簡単に言うと「話を大きくして欲しくなかった」に尽きます。
最初からこういう話で、最後はこうするのだと決めていたのかもしれませんが、個人的には「運命・使命」にして欲しくなかったですねえ。

とはいってもこれはあくまで私個人の好みの話なので、人によっては最後までツボるかもしれません。巻数も少ないので(新しく出直したものだともっと少ないと思います)、興味のある方はぜひ。
・・・2013年に「闇のパープル・アイ」の『ドラマCD 闇のパープル・アイ 小田切と慎也篇』というものが発売されているのでちょっとそっちで期待してもいいですか?(笑)
※「陵子の心霊事件簿」もイメージアルバムが昔発売されてますね。

でもなんか、今だったら深夜ドラマとかで突然実写化されたりしそう・・・。色々変わっちゃって原作というより原案じゃん的な感じで(笑)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments