■TVアニメ「GANGSTA.」第2話 感想

GANGSTA. Blu-ray BOX第1話と同じく全体的にキャラの動きがちょっと気になりますが、今回はニナとテオ先生が出てきたので楽しめました。

●ニナかわいい。
ひとり空気が違い過ぎて清涼剤になってる。見た目も中身もかわいい!是非ともこの感じを失わずに成長して欲しいなぁ。
ていうか、ひとりで出歩いて大丈夫なのかと心配になります。便利屋のところに来るまではひとりだったんだよね?・・・狙われていたのにあそこまでよく無事だったなぁ。

●ニコラスとニナがツボ。
ニコラスのような、一見ではその良さが分からない難しいタイプの男性と、ニナのような純真な少女の組み合わせって大好きです。
あんな感じのニコラスがニナのことを構い(ウォリックがやったら当たり前になっちゃう)、ストレートじゃないその構い方の真意をちゃんと分かってるニナ・・・かわいいわ〜。
さらっと手を繋いで歩いてるとかどんだけ!手繋ぎは今回だけ?毎度なの?
画的にも大きな身長差がいい。ニコラスの傍や背後にいるニナがかわいい。腰辺りの服を掴んだりするの、かわいい。
・・・かわいいばっかりじゃないか・・・(笑)。

●テオ先生とニナもツボ。
ニコラスとはまた違う関係性が好きです。テオ先生はお父さんポジション(笑)。
※ニコラスは将来的にならどうにかなってもアリ。大人になったニナがニコラスが好きとか言い出すのは全然OK。
ニコラス同様、あんな感じのテオ先生がニナのことを割りとモロ出しで大事にしてるのが素敵。三上哲さんの声がまたいい感じで。
そういえばニナはニコラスにもテオ先生にも世話を焼くイメージがあるなぁ。←ドラマCDを聞いている為、感想や情報に放映されたアニメの中にはまだ出てきていないものも混じってます。
いい大人だけどなんかダメな大人の世話を焼く子供ってかわいい。・・・ニナ、ドラマCDの時点から好きでしたが、画がつくとホントに好きな要素だらけ(笑)。

●ウォリックがやっぱり濃いな〜。
初っ端、パンツのみでの御登場。身体が濃かったなぁ(笑)。
↑な格好であんな格好のアレックスといたら、そらニナにあやしい誤解されるわ。
濃いなと思うウォリックですが、髪の毛結んだりするとちょっとかわいかった。
「ciao」はカッコ良かったです。諏訪部順一さんの言い方がまた。しかしあんな場面であれが言えるウォリックがスゴいのか、そこまでああいうことが日常なのか・・・。

●ウォリック&アレックスが気になる。
あっさりと「アレッちゃん」呼びしてましたね。この言い方、好きです。でもまだアレックスの方がカタい感じの対応でした。
あれ、最初の方ってこのふたり、こんな感じだったっけ?もっと親し気なやりとりをする印象が強い・・・というか、それが好きなので「あれ?」と思ってしまった(笑)。

アニメを見ていると、ドラマCDを改めて聞き直したくなります。
ドラマCDを聞くと、早くアニメでここが見たいなぁと思います。
いや〜「GANGSTA.」、色々と楽しめるな〜。( ̄▽ ̄)
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments