■Final Fantasy Ⅹ 感想/世界一ピュアなキス?

 ■諸注意■
 1.「FFⅩ」を1度プレイし終えた直後に勢いで書いている。
 2.その後、2周目をプレイした後にちょっと手を加えている。
 3.管理人の記憶だけを頼りに書いている。
 4.管理人の想像や理想(ある意味妄想)等が前面に出ている。
 5.クリア後の感想文なので、思い切りネタバレしている。
 6.「FFⅩ-2」が出るだなんて夢にも思っていなかった頃のものである(笑)。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ファイナルファンタジーX ボーカル・コレクション【世界一ピュアなキス?】

いや、こんな記事タイトルつけてますけど、ピュアだと思いますよ(笑)、色んな意味で。

これ以上は何も望まない、望めない・・・という情欲のない愛情と優しさだけのキスって感じ。それが"ふたりでいるということ"の最高の事象、みたいな感じで映像的にもとても綺麗でした。

というか、私がふと思ったのは・・・(といっても、ここまで思ったのはゲーム終了後、少し時間が経過して気持ちが落ち着いた後のことです/苦笑)ユウナは多分ファーストキス・・・あ、シーモアの方が先か(苦笑)。
まぁあれはおいといて、ユウナはああいうキス(想い人とのキス)をするのは初めてな感じがするんですが、ティーダは・・・キスもその先も多分経験しているような気が(爆)。

確かティーダって17歳くらいだったよね?(うろ覚え)
しかも人気のあるスポーツの選手ってことで、半分芸能人みたいな扱いを受けていた(ゲーム冒頭参照)ようだし。自分から行かなくても女の子は寄って来ただろうよ~(笑)。故に、経験はあると思う私であります。
FF8のスコールは絶対ないなと思ったけど(笑)、FF7のクラウドは・・・なさそうで意外とあったりするような気配がなきにしもあらず・・・(え?)。←その前にこのふたり、この話には全く関係ない。

変な話、キスの仕掛け方とか・・・感情が昂ぶった結果とはいえうまかったし(笑)。
それに、ワッカにゲームの最初の方で「ユウナに惚れるなよ」と言われて、結構その受け答えが手慣れた(?)感じだったし。
女の子とのそういうことをある程度経験しているから、ああいう風だと思うのですよ。
まったくそういう経験がなかったら、なんかもっとどぎまぎするとか・・・あると思います。ハイ。

って、何の話をしてるんだか(笑)。
色んなこと考え過ぎです、自分!落ち着け!(苦笑)
・・・でもこんなことを考えるから、こういうブログをやろうと思うんですが(開き直り)。

最後にまとめると。
大袈裟に言えば、ティーダはユウナに出会って初めて「本当に女の子を好きになるってことがどういうことなのか」を知ったんじゃないかな、とか私は思います。
(それこそ夢見過ぎですか?/笑)

おまけ。
あんまりゲームに詳しくない友人にFF10のCGシーンを色々と見せたことがありました。で、ふたりのキスシーンも見てもらったんですが・・・。
ティーダがユウナにキスをして、そのまま湖の中にふたりして倒れ込んでいくのを見た友人は「?!」と驚いておりました。
その後ふたりは水の中で幻想的なラブ(キス)シーンを繰り広げるわけですが、そこまで見た友人は「あ~びっくりした。キスして倒れ込んだからそのままなだれ込むのかと思った」と言いました(笑)。
いやいやいや。一般向けのゲームでそれはないだろ、それは。σ(^_^;)
しかもこんなリアル系のCGでそんなことされたら、えらいことです(爆)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments