■創聖のアクエリオン 感想

創聖のアクエリオン Vol.1 [DVD]創聖のアクエリオン Vol.2 [DVD]4話と5話をまとめて見ました。
1~3話を一気に見た時よりも慣れたのか、「なんだか色々と思っていたことが受け入れやすくなってきたかも」と少し思えたり。(^_^)

と、同時に何故だか「エヴァンゲリオン(TV版)」を見ていた時の感覚が思い出されるんですが。
「そういやエヴァンゲリオンて、こんな気持ちで見ていたなぁ」とふと思い出してしまいました。懐かしい・・・。(=_=)
ああいう展開とラストにはなって欲しくないですけど(苦笑)。

ま、それはともかく。
4話の「裸足」に始まり「赤ん坊の成長過程例え話」に終わった(違・・・わないけどこう書くとなんか変だって)のとか、けっこう好きな感じでした。
よくある感じといえばそうな気もしますが、ああいう「立ち上がれ、前に進め、倒れても何度でも」みたいなことを訴えてくる話っ・・・好きなんです。弱いとこなんです。

前の感想文に書いた「話が進むと壊れそうな方達(あくまで個人的な予想)」もこの2回ではあんまり悲壮感というか、その不安定な感情の表現がドシリアスではなかったので良かったです。・・・むしろある意味で笑いどころにすらなってたし。
真顔でチョコ発言とか、不幸レベルがずぶ濡れになることだとか、最後ちゃんと埃まみれで戦闘を見ていたりとか・・・ちょっと笑えました。

なんですが。
こういう楽しい空気が出てくると、逆に先が心配です(苦笑)。
話が佳境に入った時に、救われないところまで壊れたりしないでね~。(>_<)
慣れ親しんでくればくるほど、破綻するのを見るのはツラいですからっ!(切実)

と、5話まで見た現時点では「最後まで見てみようかな」という感じです。
仲間同士の関係や上官との関係、主人公が名前をつけてくれた友達を助けることにこだわり続けていたりするのがだんだんと私的にはいい味つけになってきた・・・気がします。
展開の仕方や終わり方が、期待と不安で半々な感じですけど。

声優さんの話をすれば、ヒットはなんといっても石塚運昇さんの司令官(笑)。
あと、杉田智和さんのナルシストが入った色男(キザ男)も「カッコいい~vv」とは違うところで楽しいです。
朴ろ美さんが大人の女性をやっているのも、個人的にはとても新鮮。
最初の話で主人公の仲間の少年(しかもガッツリ脇)をやっていて、でもすぐにその子はさらわれてしまったので「え?朴さんがこれだけ?」と訝しんでいたんですが・・・別の役でちゃんと出てきました(そりゃそうだよね)。
そして絵に描いたような二枚目容姿に、これまた間違いない二枚目声をあてている森川智之さん・・・キャラデザではダントツに好きです、トーマ。言うこともいちいち意味深で気になりますし(笑)。
あんまりべらべらと喋るところがなく、喋った時は気になることばっかり言うのがいいんでしょうねえ・・・。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments