■TVアニメ「GANGSTA.」第1話 ざっくり感想

Renegade(アニメ盤)諏訪部順一さんがメインキャラ(主役のひとり)の声優さんとして参加しているTVアニメ「GANGSTA.」の1話を見ました。
※元々ドラマCDを聞いていたのでストーリーは既に知っている状態で視聴。原作のマンガは少し読んだことがありますが、ほとんど未読。

初っ端、OPを見た時に真っ先に思ったこと。
「・・・動きが硬いような・・・?」
もしやOPでの演出だろうかとも思いましたが、本編も正直なところ(少なくとも第1話は)キャラクターの動きが硬かったように思います。・・・この作品って、ぬるぬると動かないと魅力が落ちるジャンルなんじゃ・・・。大丈夫かな。(^^;)
1話を1回だけ見た印象なので、見直したらまた変わるかもしれませんが、動作が全体的にぎこちない気がして、見ている間はそれが気になってしまった・・・。

その次に印象的だったのは、キャラクターの濃さ。中身というより外見の(笑)。
音だけのドラマCDが自分には1番馴染みがあって、でも原作の絵柄は知っていましたし、ちょっとはマンガを読んでもいたのでまさか今更アニメを見て「濃いな!」と思うなんて自分でもびっくり。特にウォリック。色々と濃厚なヒトだった・・・。
色がついて動くってスゴいことなんだなぁと改めて思った次第です。

視聴は見る前から継続決定なので、今後も見ます。最後まで見ますが、お話が完結するとは思えないのでそのあたりはちょっと複雑。
フルアルバムのドラマCDはもう出ないんじゃないかと(勝手に)思っているので、そちらでの続きを期待するのは無理なんだろうなぁ。というか、ドラマCD化されたところよりも先までアニメ化してくれるのかな。ドラマCDも5枚出て、1枚の分数がアニメの2話分ずつくらいあるので、もしやアニメの大半がドラマCDで既に聞いているところなのかと思ったり。アニメオリジナルは入るのかな・・・。

声優さんの感想はこちらの記事と色々被るのでここでは省略しときます。
↑この記事には書いていないですが、1話で気になった声優さん→木内秀信さん。
ドラマCDに出ていたことをすっかり忘れてました・・・。イヤな役だなぁ!(褒め言葉)

▼追記
よく考えたら肝心の内容の感想がまったく書いてなかったので(苦笑)、追記。
世界観やキャラクター、簡単な作品紹介的なものはアニメの公式サイトドラマCDの公式サイトで読む方が早くて正確なので省略するとして、感想はというと。

ドラマCDを先に聞いてしまっているので新鮮な印象が書きにくいんですが、えーと、分かりやすく他作品の名前挙げちゃいますが、世界観は「BLACK LAGOON」を真っ先に思い出しました。人の死やらなんやら、色々とハードです。
こういう世界観のお話は展開が痛くて苦しいものになることが多いので決して得意ではないんですが(好きなキャラが途中退場したりするし)、その重さのある物語が持つ魅力は確かにあるので、時々なら(こういう作品ばかりだと疲れちゃう)このタイプの作品に触れるのってアリだなぁと個人的には思ってます。

が、まぁそういう世界観なのでいわゆる萌え!はそう多くはなく。
ビジュアル方面のカッコいい!もメインキャラふたりの男性が見目的には(いわゆる女性向けの作品のような分かりやすい)綺麗系の美形キャラではないので、画面からキラキラと溢れているわけでもなく(笑)。別方面のカッコ良さならありますが。
※諏訪部さんの声色は二枚目ラインのちょっとお茶目入ってる系。女性に対してはたらし声になりやすい。ので、声としては女性向け作品並みにイケメンだと思います。

↑なんてことは作品に少しでも接触するとすぐに分かるので、この作品は別のところを楽しんでます。中身のカッコ良さ(言動)と時々ある萌え部分。それがいい。

・・・あれ、でもこれって第1話の感想ではないような・・・(苦笑)。
第1話はまだ色々と序の口です。アレックスが便利屋になったところまでだったので。
個人的な萌えはウォリックがアレックスを愛称で呼び始めたり、ちょこちょことえろネタ混じりでかまうところ。それとテオ先生とニナです。
カッコ良さはやはりニコラスとウォリックの言動かなぁ。方向性が違いますが。
あ、なんだか自分の萌え部分を思い出したらアニメで見られるのが楽しみになってきました。画つきだとどんな感じになるんだろう。ウォリック→アレックスのえろネタ混じりのちょっかいは画がつくとけっこうアレだろうか(笑)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments