オネェCD ~ファッション誌編集長・ジョージ 感想 | 近藤隆さん

オネェCD ~ファッション誌編集長・ジョージ~
まさかオネェキャラオンリーのフルアルバムドラマCDを聞く日が来るとは・・・(笑)。

出演は近藤隆さん。
近藤さんでオネェキャラというとどうしても某海外ドラマの吹き替えを思い出します。
ていうかファッション誌編集って・・・意図的かなー(笑)。

ヒロインは無声ですがオネェキャラのシチュエーションCDではなく、ヒロインに声が無いだけのドラマCDという感じでしょうか。

※実はシチュエーションCDの定義がいまいち分かっていません。最後のトラックなんかはヒロインがいない場でのジョージ→マスターへの語りですし。なのでカテゴリは「ヒロイン無声ドラマCD」にしました。

オネェCD ~ファッション誌編集長・ジョージ 感想


えー、結論から先に言うと、とっても面白かったです!( ̄▽ ̄)V

近藤さんの演技がとにかく楽しく、ドラマもちゃんと聞けるストーリーで(物凄いドラマチックなわけではない)、笑える、聞きやすく気持ちの良いドラマCDでした。
ジョージは最終的にヒロインに惚れちゃうしね~。その後が超聞きたいよ!(笑)

そうそう、近藤さんの演技は9割がオネェ口調なんですが、時々ドスの聞いた声(主に周囲の言葉に対する返し)と、確か2~3回くらいだったと思いますが、普通にカッコ良い大人の男の口調になるところがあります。ホントにちょっとですけど。

オネェ口調からの男口調(+大人の男性で低めの声)・・・ギャップが!ズルい。萌える。カッコいい~。※大体ひと言です。これだけを目当てに聞くのは要注意。

いや~良いドラマCDだと思います。
細かい事を書いてしまうとキリがなさそうなのでアレなんですが、お話は「編集者としてはまだまだ新人のヒロインと、その世話を色々としてくれるオネェな編集長の仕事がメインなドラマ」・・・でいいのかな。何気によく登場する第三のキャラ・ヤマモトくん(声なし)が大変気になりますが(笑)。

ドラマCDという媒体に抵抗がなく、どんな近藤さんでも好き!という方(だったら既に聞いている可能性大ですね)や、オネェキャラって楽しそうと思える方はぜひ聞いて頂きたい。面白おかしいですから。

そしてコレ、シリーズとして続きます。そちらも聞きましたがジョージ同様にハイレベルです(笑)。ちなみにキャストは鳥海浩輔さんと津田健次郎さん。

結果的にはそこそこ狭い範囲に住んでいる(と思われる)オネェ3人の物語になりましたね。全部(発売周期がバラバラで今後が読めないので3枚で完結なのかは不明)聞くとさらっとこっそりリンクしていて(もちろん分からなくても全然問題ないところで)ニヤッと出来ます。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments