【BL】BLドラマCDミニ感想集≪1≫

※多数の作品の感想を書きたいと思ったので、ひとつひとつは短文にしてみました。

「Angel's Feather~想い出の丘~」「ブロードキャストを突っ走れ!! (サブの方)」
「恋愛+α (「やっぱり君を好きになる」に収録) 」


LAST SONG「Angel's Feather~想い出の丘~」
石川英郎さん×鈴木千尋さん
(「Angel's Feather ドラマCD Vol.3 Disc1」に収録)
※画像はこのCPのものですがキャラソンCDのものです。

【好きな要因】
主従関係で長年の関係+疑似的な家族(親子)なので、保護者と被保護者でもある。
恋愛に積極的なのが年下の方。年上の方はギリギリまで我慢していた。
恋人になった後も消失はしない主従関係。でも要所要所ではちゃんと恋人。
石川さんの現在と過去でのキャラの演じ分け。
(相手が幼かった頃の喋りかけ方とかめちゃツボでした)
BGM(数曲かなりツボ)

【印象的な場面】
「エロ親父」
「そうだな」
「認めんなよ!」

「まったく…色気のない」
「悪かったな」
「そこにも惚れてる」

【苦手な要素】
(設定だけを見ると"それまでの関係性×年の差のバランス"が気になるところなんですが、このドラマは聞いてみたら許容出来たので)特になし。
ドラマCD ブロードキャストを突っ走れ!「ブロードキャストを突っ走れ!!」
石川英郎さん×真殿光昭さん
(メインCPではない上に攻の片想い)

【好きな要因】
石川さんのキャラタイプ+演技の仕方。
石川さん&真殿さんのキャラの関係性とそのかけ合い。
一線を越えるどころか、攻キャラが秘めた(・・・相手が鈍感なだけで秘めてないか)想いを告白することさえ果てしなく遠そうなところ(笑)。
宮田さんが演じるゲストキャラの抱える事情も気になった。続編あるのかな?

【印象的な場面】
攻キャラの妄想とひとりノリツッコミ。

【苦手な要素】
(強いていえば)実の兄弟であること。
ドラマCD やっぱり君を好きになる「恋愛+α」
(「やっぱり君を好きになる」に収録)
石川英郎さん×千葉進歩さん

【好きな要因】
石川さんと千葉さんのキャラタイプ+演技の仕方。
周囲(学校内)にバレバレでもみんなのノリが軽くて誰も気にしてない環境。 女の子が元気(強い)。

【印象的な場面】
(攻キャラがさらっとキスとかをしてくるので受キャラが↓)
「絶対イタリア人!」

【苦手な要素】
恋人関係になる前に受キャラの天然ボケさから一線越えしちゃうところ。

・・・あれ、この記事にあるCD3枚とも石川さんが攻ですね(笑)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments