■黒子のバスケ キャラソンCD収録ミニドラマ 感想

※アニメ本編(第一期・第二期全て)や関連CD(全てではない)などには接触していますが、原作漫画は過去編以外飛び飛び読みの為、ドラマ内容の元ネタが原作(や公式関連本)にあるのかCDのオリジナルなのかは基本知りません。
※キャラでは青峰がダントツに好きで、次が火神です。(他キャラも好きですが)
※声優さんの感想が普通に入ります。声優さんは黒バスメンツだと諏訪部順一さんが別格に好きで、次に小野友樹さんの好感度が高いです。(他の声優さんも好きな方が多いですが)



TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.1◆黒子&火神編(小野賢章さん&小野友樹さん)
集合時間よりも早く朝練の場所に来てひとり練習する火神と、同じく早くに来た黒子が一緒に練習をして話をする。

インターハイ前の黒子と火神の思いがまとめて聞ける感じで、再確認には便利かも(笑)。
アニメであちこちに散りばめられていたもの(セリフ)が集約されてますねえ。そういう意味では非常に分かりやすい。

やっぱり火神をやっている小野友さんの声ってツボです。好きだなぁ。
ざらっとしていてちょっとハスキーで中音低めで、そこに火神のキャラ性が加わるので・・・熱血バカだけど愛しい。総じてカワカッコいい・・・!(≧▽≦)

小野賢さんは最近大人の男性(クールキャラ)の役の声をよく聞いている所為か、改めて黒子の声を聞くとちゃんと"少年"の声だなぁと思います。
幼いというか若いというか、声音が高め。
小野賢さんは特に思い入れのある声優さんではなかったんですが、最近色々とじわじわときています。・・・何年か後にはハマっているかも(笑)。

TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.2◆黒子&黄瀬編(小野賢章さん&木村良平さん)
ひとりシュート練習をしている黒子の前に黄瀬が現れて、一緒にバスケをすることになる。

一緒に練習・・・というよりも黄瀬の張り切り&物真似遊び?(笑)
黒子はパスを出して協力したりもしますが、淡々とツッコみます。ていうか、黄瀬の登場時から返しが地味に辛辣。
黒子って誰を相手にしても言いたいことを言うようなイメージがありますが、特に黄瀬には容赦無いですよねえ。そこが好きです(笑)。

黒子が黄瀬が変わったと言っていますが(時期は練習試合で黄瀬に黒子が勝った後)、ふと気になるのは、黒子に負ける前の黄瀬って笠松などとはどんな関係性だったのかなぁ?ということです。過去編を読んだ後だと、入部当時から黄瀬が今のような関係を笠松と築けていたとはとても思えない・・・。
笠松は最初から今と特には変わらない態度だったけれど、黄瀬の方が内心では冷ややかに見下して流していた、みたいな感じでしょうか。このあたりちょっと知りたいです。

木村さんは黄瀬を演じていると何だか声が生き生きとしていて好きです。口調も併せて何気にクセになってきた・・・。今更。
緑間(小野大輔さん)の真似をした時の声色がちょっとツボでした。緑間の真似というと高尾な鈴木達央さんが思い出されますが(笑)。
少し低めだと男前度が上がって素敵(単純)。

小野賢さんは安定の淡々黒子節炸裂(笑)。でもラスト付近はさらりと声が優しいです。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments