■Final Fantasy Ⅹ 感想/ティーダとユウナとリュック

 ■諸注意■
 1.「FFⅩ」を1度プレイし終えた直後に勢いで書いている。
 2.その後、2周目をプレイした後にちょっと手を加えている。
 3.管理人の記憶だけを頼りに書いている。
 4.管理人の想像や理想(ある意味妄想)等が前面に出ている。
 5.クリア後の感想文なので、思い切りネタバレしている。
 6.「FFⅩ-2」が出るだなんて夢にも思っていなかった頃のものである(笑)。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【ティーダとユウナとリュック】

この子ら・・・今後ずっと一緒にいたら、三角関係とかになるのでしょうか?(笑)

リュックって、ユウナもティーダのこともすんごく好きそうですよねえ。(いや変な意味じゃなくて/笑)
なんか、この3人の関係を微妙にする方向でお話を考えたら、リュックがめちゃめちゃいい子になりそうな気がします。身を引くどころか応援するだろうなぁ。

個人的には「ユウナがいなかったらティーダに本気で惚れていたかも」ってくらいが◎(笑)。

あ、でもティーダとはどこか兄妹みたいな感じもあるような・・・。持っている雰囲気が近いせいかも?

やっぱりリュックには、ティーダに対してのそういう感情ってゼロなのかなぁ・・・。
でもグアドサラムでの会話イベントとかを見た感じだと、ゼロってことはないような気もする・・・(悩)。

"ユウナらぶ"で繋がっているふたりっていうのはすごく好きでした。
ユウナのことで色々と相談してそれぞれに頑張ろうとしているふたりがめちゃめちゃ可愛かった!(´∀`)

ま、リュックが実際ティーダをどう思っていたとしても、彼女はユウナがティーダに"特別な想い"を抱いていると知った時点から、絶対ふたりをくっつける側に立つと思います。リュックって、自分が好きな人達には幸せになって欲しくてしょうがないと思っている子だと思うので。

だったらそこにティーダへの想いがあって、それをあえて押し殺して耐えながら云々・・・とかいう苦しむ話にはなって欲しくないなぁ・・・(仮定の話だろ/笑)。
ならティーダに対しては、そういう感情はないってことでまとめたい(オイ)。

じゃあ、ティーダとユウナはどうなんだって話ですが。
もし「リュック⇒ティーダ」があったとして、それを知ったら悩むでしょうねえ~。
でもこのふたりは、悩んで苦しむけども結局リュックに堂々と自分の気持ちを伝えるかなぁと思います。
ゲームの中でのふたりの性格を考えると、悩み続けて泥沼になることはないような。
・・・って、だからこれは仮定の話デス・・・。(^^;)

3人で仲良くいて欲しい、というのがつまりは全てなんですけどね(笑)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments