【BL】成田剣さん

  氷の魔物の物語 RUBY CDコレクション コイ茶のお作法 RUBY CD COLLECTION ボディーガードは口説かれる BiNETSUシリーズ「猫かぶりの君」復讐編ドラマアルバム

初聞きBL出演作は「可愛いひと。Ⅲ」でした。
メインカップリングの片割れではなかったんですが、アブないシーンもちょっとあったので個人的にはこれが初な感じです。

成田さんは、"BLを聞いたことでそれまで持っていたイメージがものすごく変わった声優さん"としてはダントツNo.1。
「成田さんは色々な意味で凄い」と心底から思いました。凄いです、成田さんて。

ちなみにメインでの初聞きは・・・え~・・・ライトなものなら多分「青桃院学園風紀記録~キケンじゃないだろ!」、ディープなものなら「LOVE SEEKER」あたりだったと思います。↑攻キャラの話。

受キャラの初は(個人的には成田さんの受があること自体驚きなんですけど)、「ESCAPE」
これはギャグみたいなノリ(というか、ギャグ担当のカップリングだったと思う)だったので笑えて聞けたんですけど、やっぱり成田さんは攻役がいいなぁ。

成田さんの声は少し鼻にかかった声ですよね、基本的には。
ハイテンションなキャラ、クールな大人キャラ、イッちゃってるヤバいキャラ・・・ホント色々な役が出来る人だなぁと思いますが、声自体はそんなに変化していないような気がするのは・・・声に特徴があるからかな?
成田さんの声を聞いてわからないことってないですから。

【好みな攻タイプ】
"情が見えない鬼畜キャラ"とか"アレ、もしや変態ですか・・・?"みたいなタイプは「巧いなぁ(←賛辞です)」とは思ってもやはり好みではなく。やっぱりベタでも"スラッとした大人の二枚目キャラ"とかが好きです。
"クールを気取りつつも本命に対してはポーカーフェイスがどうしても崩れてしまう"とかいう設定の、高校生~大学生くらいの年齢のキャラもツボ。

【好みな攻キャラ/具体例】
「青桃院学園風紀記録~キケンじゃないだろ!」
「氷の魔物の物語」
「コイ茶のお作法」
「LOVE SEEKER」
「ボディーガードは口説かれる」
「猫かぶりの君」シリーズ
「されど不敵なヤツら」
「SEX PISTOLS 3」
↓メインじゃないですが。
「ケダモノは二度笑う」「眠らないケダモノ」
「ケダモノと呼ばれる男」「蜜月のケダモノ」
「ケダモノは甘く招く」
「海ニ眠ル花」
↓恋愛には絡みませんが、格好良かった・・・。
「真昼の月」

【好みな受タイプ】
え~聞いたことがほとんどないし、あんまり聞きたいとも思わないので(オイ)なんともはや。笑える方向でなら面白く楽しめるので許容範囲内ですけど。

【好みな受キャラ/具体例】
「ESCAPE」
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments