【BL】PS2版「ピヨたん~お屋敷潜入大作戦~」橘敦彦

ピヨたん~お屋敷潜入☆大作戦~ほぼ前情報ナシで、橘敦彦役の諏訪部順一さん目当てにプレイしてみました、PS2版「ピヨたん~お屋敷潜入大作戦~(BLゲーム)」
・・・タイトルが気になる(笑)。

攻略にはネット情報をガッツリ参照。
諏訪部さん演じる敦彦は、最初から攻略出来る(攻略に制限があるキャラもいる)ので、初回プレイで挑戦してみました。
攻略情報をネットに出してくれている方々にはホント感謝です。

敦彦のキャラタイプは・・・・・・え~と、大人(26歳)で、主人公(20歳くらいだったような)と関係が接近するまでは"余裕たっぷりの自分に自信がある人"と思わせる感じ。
ライトな俺様キャラと言えなくもないような。クールな俺様キャラ?にやっと笑いながら「俺ってすごいからな」的なことを自ら言っちゃうような人なので(笑)。

ですが主人公が接近していくと(個別ルートに入ると)、↑な感じにちょっとした優しさが見えるようになり、事件絡みで仕事に対する真面目さや真摯さが表れてきます。とはいえ、偉そうな態度は別に偽りではないので、それはそれで最後まで残りますが(笑)。

キャラタイプとしては単純に好きなラインでした。見た目も含めて。
諏訪部さんの声色は中音で落ち着いた感じです。
しっとりとした大人の男の喋り方がカッコ良かった~!(≧▽≦)

聞いていると、いい意味でうとうとしてきちゃうような感じがなんとも・・・。気持ち良かった(笑)。そして主人公に対して「ピヨピヨ探偵」って言った時にはうっかりムズムズしました。・・・しっとりイケメンボイスが「ピヨピヨ」って・・・。

あと、耳に残ったフレーズは「大嫌いだ」だったり。
「俺は○○な奴は大嫌いだ」と言うシーンが数回あったんですが、何故か妙に耳に残りました。そこで声のトーンがちょっと低く重くなるから・・・かな?

しかしこのゲーム、声優さんが豪華ですね!
諏訪部さん以外のメインに宮田幸季さん、成田剣さん、鳥海浩輔さん、平川大輔さん、神谷浩史さん、檜山修之さん。

敦彦を追っかけながらも、聞こえてくる周囲の声にも十分萌えられるというお得さ。
何気に皐月(鳥海さん)と敦彦が互いにさらっと「あっちゃん」「さっちゃん」と呼ぶのが気になった・・・。中学生以上の男性キャラクターが愛称を使うのってけっこうツボなんだと今更自覚。

このふたりの物語も見てみたかったなぁ。ま、それを言うなら敦彦と幸広の話も見たかったですけど。関係が深そうなので色々エピソードがありそうなのに。
って、幸広や皐月を攻略したら、その途中で敦彦が絡んできてくれるのかなぁ?・・・気になる・・・。

↑気になったのでプレイしてみました。↓

★幸広ルート
※敦彦ルートでも見られるイベントなどは別扱い。
敦彦の出番はちょこっとありました。
屋敷で意味深な会話、病院におじさんと現れて会話、ベストEDに入った後に主人公の診察・・・くらいだったかな?

★皐月ルート
幸広ルートよりは敦彦の出番はありました。さすが"ちゃん"呼びな関係(笑)。
皐月に近づきたがる主人公に最初はやんわりと距離を取り、次はちょっと協力的になって語ってくれ、ベストEDルートに入るとラスト近くに病院で医師として登場。

★山崎ルート
出番は少なかった・・・。って、台詞量なら幸広ルートも少ないですが。
後半、みんなで食事(朝食)をとるシーンで登場しました。そこだけでした。

★晴ルート
出番ナシ!

★里村ルート
後半に登場。襲われた主人公を診察。
ベストEDのラスト、探偵事務所に全員集合。
恋愛未満EDのラスト、屋敷前に全員集合。

そして全員プレイして思ったことは。
敦彦はPS2版から登場したキャラなので、他キャラルートでちらほらと垣間見えるPC版(R18)の名残りが全くない。そういう意味ではスゴい健全な恋愛ルートです(笑)。敦彦だけがそういう面では浮いてました。 

フルボイスだと昔のゲームでも十分に楽しめるもんだなぁと思った一作。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments