■Final Fantasy Ⅹ 感想/アーロン、35歳!?

 ■諸注意■
 1.「FFⅩ」を1度プレイし終えた直後に勢いで書いている。
 2.その後、2周目をプレイした後にちょっと手を加えている。
 3.管理人の記憶だけを頼りに書いている。
 4.管理人の想像や理想(ある意味妄想)等が前面に出ている。
 5.クリア後の感想文なので、思い切りネタバレしている。
 6.「FFⅩ-2」が出るだなんて夢にも思っていなかった頃のものである(笑)。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ファイナル・ファンタジーTCG アーロン 1-002【アーロン、35歳!?】

顔だけ見たら35歳ではないでしょう、アーロン。
設定の計算上そのくらいだとは思って見ていたけど、外見がフケ過ぎじゃあないか、アーロン。

一時は本気で「夢のザナルカンド」と「現実のスピラ」は時間の流れ方がなんか違うのかとも思ったよ。
でもそれはユウナとティーダの船上での会話により、見事に打ち砕かれましたね・・・。

「ティーダの世界からジェクトがいなくなった時期」と「ユウナの世界にジェクトが現れた時期」が一緒で、その後の時間感覚もばっちりあっていたってことは、ふたつの世界の時間の流れは同じなんですよね。

・・・ということは、この10年でそんなに大変な苦労をしたのか、アーロン・・・(涙)。

ま、アーロンは実は芯はとても繊細な人(優しい人)だと思うので、やはりそのあたりはこの10年で傷つきまくっていたんだろうなぁと思います。

35歳でのあの渋さか・・・。
でもこの人、腕とかはなんか若かったよね(笑)。ルカでのCGイベントで露出した時に真っ先にそんなことを思った私って一体・・・(苦笑)。
すべすべでいい感じでした(笑)。

でも、あんなゴツい剣を平然と振り回す人なんだから、もっとこう・・・ズバッとガッツリ隆々と筋肉がついていてもいいのではないかなぁなんて思ったりもしましたが、よく考えたら創作の世界では力強い人がゴツいとは限らないということに気づいたので、もう何も言うまい(笑)。

でもなぁ、ゴツくないのはともかくとしても、顔だけイヤにシワが・・・何故?
髪の毛はまぁ苦労が出やすいところだし、若白髪とかも有り得るけど・・・。
っていうか、アーロンって髪の毛長いんですよね、実は・・・今も。
↑かなり途中までそのことに気づきませんでした(苦笑)。

声も石川英郎さんってことは、製作者側も見かけはともかくそんなに年寄りじゃないよってことを主張したい気持ちがあったのかな、とか声優ファン的な考えも巡らせてみたり。石川さん・・・ちょうど35歳くらい(多分)ですし。
やっぱり渋いけど、ホントの意味での年寄りな声じゃあなかったもんね。
石川さんのアーロン声、大好きでしたよ!
若い頃の声はもちろん、今の声は特に個人的には超新鮮で格好良くて良かった♪


・・・・・・いやまぁ色々と思うことはあったけれど、それでも全部好きだったよ、アーロン。安らかに眠って下さい(合掌)。

そういえば「EDでアーロンが生き返るって信じてたのに!もう嫌!」という友人がいましたが、私はこの人は逆に絶対最後に成仏(?)して終わるんだろうなって思ってました。ああいうキャラでああいう立場ですもの、絶対最後は消えると思ってました。だからそのシーンは哀しくはなかったです。
むしろ「色んな枷から自由になれて良かったね。お疲れ様」という感じでした。

でもホント・・・最後のセリフは良かった!
「もう・・・お前達の時代だ」
カッコいいです!・・・でもフルCGで見たかったです!
アーロンがいなくなるシーンは絶対にフルCGのイベントだと信じて疑っていなかった私は、テレビの前で本気で大いにヘコみましたとも!(涙)
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments