■ときめきメモリアル Girl's Side シリーズ

flower of love 〜ときめきメモリアル Girl's Side 3rd Story テーマソング〜 ときめきメモリアル Girl’s Station ドラマCD feat.2nd Season Characters
▼『ときめきメモリアル Girl's Side』シリーズ共通の感想。

●公式サイトなどの情報の第一印象。
初見ビジュアルで"この人がいい!"という強烈な見た目惚れキャラが大抵いない(オイ)。強いて言えばこのキャラの見た目が好きかな、位。
その代わりというとなんですが、出演声優さん達の情報にはほぼ間違いなく毎度小躍りする。特に一作目は(個人的な馴染み度における)隙の無い配役にびっくりした(笑)。

●実際に接触した後。
キャラの見た目の好みがどうとか、演じるのが好きな声優さんだったとか、そういうところが見事に吹き飛ばされてキャラに惚れ込んでいる。

私の中ではこのシリーズはとにかくゲームシナリオがスゴいという感覚が強烈。
何がどうなんだと問われると難しいんですが、塵積というか・・・細かいシナリオが重なっていって、その繰り返しで形成されるものが堪らないというか。
プレイ前は「ひとつひとつのイベントは短いって微妙そう」と思っていたのに、実際にやってみるとそんな風に思っていたのは最初のうちだけでした。自分でもびっくり!

その上、お目当てキャラを攻略している間に脇で登場するキャラ達も段々と愛おしくなってきて、気がつけばお目当てキャラ以外まで全員攻略してしまい、終わってみたら結局みんな好きになっているという・・・(笑)。
なので、ドラマCDなんかで攻略キャラ達が仲良くわいわいとやっているのを聞くのが楽しいったらないです。恋愛が絡まない・中心じゃないドラマでも面白くて好きでした。

ぶっちゃけどうでも良いやと思っていたキャラでも↑こうですから、お目当てキャラがハマった時はそりゃもう物凄いです。
1の氷室先生、2の瑛、3の琥一なんかは中の人効果で釣られたら想像以上にカマされました。何がいいのか語ろうと思うとどうしたらうまくまとめられるのか困るくらいに。

でもときメモGSの真のスゴさ(笑)はそこではなく、お目当てじゃなかったキャラが最終的にマイベストキャラになってしまうこと。
1の姫条、2の志波などがそうです。3は諏訪部順一さんにドハマり状態で接触した所為かベストキャラは変わらず。

おまけで言うと1の色と千晴、2の若王子先生と真咲、3の琉夏はダークホースでした。
予期せぬ萌えは面白い(笑)。

ときめきメモリアル Girl’s Side プロローグ ファースト・ラブ ときめきメモリアル Girl’s Side from 1st Love&2nd Season ドラマ&イメージソングアルバム~天童壬・真嶋太郎・古森拓~
公式サイトなどを見ていると「三部作」らしく(ですよね?)、今後完全な新作が出る予定はない・・・のかな?出たらいいのに。

ゲーム以外の関連商品も大好きでした。
主題歌もキャラクターソングもドラマCDもツボなのが多かったです。

残念なのは(前にもどこかの記事で書きましたけど)1>2>3と徐々にCDでの関連商品の数ががくんと減っていったこと。(T_T)
あ~2と3にも1のような展開をして頂きたかった・・・!!
マキシでソロのキャラソンとか、キャラソンアルバムとか、ドラマCDが何枚もとか・・・1の展開はとってもおいしかったのにっ。

●最後に自分用のメモも兼ねて、参加された声優さん達を書いておきます。
『ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love』
緑川光さん、石田彰さん、檜山修之さん、置鮎龍太郎さん、三木眞一郎さん、山口勝平さん、子安武人さん、小杉十郎太さん、森久保祥太郎さん、保志総一朗さん、速水奨さん、ゆかなさん、大谷育江さん、川上とも子さん、南央美さん、折笠愛さん、他
『ときめきメモリアル Girl's Side 2nd Kiss』
(ときめきメモリアル Girl's Side 2nd Season)
森田成一さん、中井和哉さん、鈴木千尋さん、鈴村健一さん、神原大地さん、成瀬誠さん、森川智之さん、うえだゆうじさん、野島健児さん、谷山紀章さん、松原大典さん、進藤尚美さん、小桜エツ子さん、前田愛さん、皆口裕子さん、小林由美子さん、こおろぎさとみさん、他
『ときめきメモリアル Girl's Side 3rd Story』
杉田智和さん、諏訪部順一さん、宮下栄治さん、私市淳さん、千葉進歩さん、立花慎之介さん、井口祐一さん、草尾毅さん、菅沼久義さん、市来光弘さん、松野太紀さん、後藤沙緒里さん、小清水亜美さん、他

・・・いつか琥一の細かい感想記事が書きたいです。古き良き時代のヤンキーみたいなのに不器用で可愛くて堪らない。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments