■Dr.スペンサー・リード [1] (クリミナル・マインド)

監督:ヒュー・ヘフナー
出演者:マンディ・パティンキン、 トーマス・ギブソン、
ローラ・グラウディーニ、 シェマー・ムーア、 マスー・グレイ・ギュプラー、 A・J・クック、カーステン・ヴァングスネス
収録時間:86分
レンタル開始日:2008-08-06

Story
詳細な観察と膨大なデータに基づき、凶悪事件の犯人像をプロファイリングするFBIのエリートチーム・行動分析課の活躍を描く人気TVシリーズの第1シーズン第3巻。BAUは有名弁護士の令嬢が誘拐された事件の捜査を開始する。第5話と第6話を収録。(詳細はこちら

「クリミナル・マインド」はシリーズが長く話数が多い為、今後は第1シーズン第5話までの感想とは違う形で記事を書いていくことにしました。

記事のタイトル通り、基本リードに集中した感想になります(笑)。

ただもちろん、他の主要登場人物達もみんな好きなドラマなので、"ただひたすらにリードのことのみの感想"にはならないとは思いますが。
エピソードによっては絶対書きたくなる・・・。

とりあえずダントツに好きなリード中心で、ひとつでも多くのエピソード感想を書いていけたらなぁと思ってます。まずは第1シーズンを終わらせたい!(>_<)

※シーズン7の第1話まで視聴済み。


ブロマイド写真★海外ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』リード-座る全身/Dr.スペンサー・リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)■第1シーズン 第6話(通算6話)『スナイパー (L.D.S.K.)』

射撃場でのリード・・・なんだか場の空気に合わずに浮いているような・・・(笑)。銃が、射撃が、ルックスと仕草に超似合わない!
設定も「銃(射撃)が苦手。巧くやる理屈は十分に解っていても実践することが出来ない」ですしね。

こういうタイプに銃を扱えってなかなかにハードルが高いと思いますが、仕事で適正試験に合格しないとまずいらしい。
本人が前回合格出来たことが奇跡と言っていましたが、ダメだった時はどうなるんでしょう?「銃は没収ですね」というセリフはありますが、単に没収されて終わりじゃないですよね?合格ラインにくるまでひたすらに講習を受けるとか?現場にはそれまで出られなくなるとか?

頭が飛び抜けて良いんだから免除してあげればいいのに。・・・って、銃社会ですから扱えない人がこういう仕事のチームにいるだけで色々な危険が増しちゃうのかな・・・。
でも最近のシリーズでの姿を思い返すと、リードなりに随分と逞しくなったんだなぁとこれを見るとしみじみと思えます。成長したんだねえ。

ブロマイド写真★海外ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』ホッチ-デスク/アーロン・ホッチナー(トーマス・ギブソン)そしてそんなリードとは銃に関しては対照的なホッチ。
ドラマの序盤でリードの射撃を指導します。
↑これ、初見では意外でした。ホッチよりモーガンの方が銃等のアクション方面が得意なイメージが勝手にあったので。まさかホッチが足にまで銃を仕込むタイプだとは。

この回を見てホッチはあまり表に出さないだけで、中身が想像以上に熱い人なのかもしれないと思いました。
で、そんなホッチが私は好きです。
でもって、最終的には(リードの方から話を振ったとはいえ)隠し持っていた足の銃を取り出し射撃の腕を見せつけ、全然ダメなまんまのリードに「明日(銃の適正試験を)頑張れ」と言って置いて去っていくホッチも嫌いじゃないです(笑)。

ズバズバと目の前で的に命中させていくホッチを見るリードの微妙な表情・・・かわいい。
相変わらずホッチに対して「自分は二丁も持ってるくせに」「どういう意味?」なんて言うラフな口調・・・かわいい。
※森久保祥太郎さんの言い方がちょっと拗ねているというか不満気なのが萌える。

そういえばこのシーン、リードの後ろにホッチがいて指導するんですが、遠近があってもホッチの方が顔が間違いなく大きいんですよね。
これはホッチが大きいのではなくリードが小さいと思われ。俳優さんがモデル出身(現在俳優オンリーか否かは知りませんが)だからでしょうか。手足も長いですもんねえ。

で、結果的にリードは試験に落ちました(涙)。
二週間後に追試がある模様。そしてリードは落ち込んでいるらしい。
そんなリードを気遣おうと言うエルと同意するギデオン、モーガン。でもモーガンがしんみりとしながら声をかけつつも最後はいじりました(笑)。

ていうか、リードの落ち込みっぷりが!モーガンにからかわれた後の反応が!
子供かっ。24歳(のハズ)だけどなんかもういちいちかわいいぞ!

飛行機移動の時、JJの隣りで頬杖をつく(というより頬に手をやっているだけ?)リードもかわいい。顔がふにゅっと歪んでいるところが。※色々と末期です。

ブロマイド写真★海外ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』ギデオンの頃のキャスト5人/トーマス・ギブソン、マシュー・グレイ・ギュブラー今更ですけど改めて並ぶ画を見ると、リードってモーガンよりもホッチよりも背が高いんですよねえ。ホッチとはほとんど変わりない気もしますが。横幅と厚みは1番ないです(笑)。

見直してみるとモーガンってこの頃、頭髪も髭もけっこう生えてます(←)が、最近の方がさっぱりしていて格段に素敵だと思います。

そしてこのあたりの話を見直すとやはり強烈なのは、ジェイソン・ギデオンの存在。
ああ・・・好きだなぁ、ギデオン。いいキャラクターだと本当に思います。
ギデオンが悩み苦しんでも、ずっとチームにいるクリマイも見てみたかった・・・!

リード「何だか銃を持っていないと、ぼく、ただの学生みたい」
全くだ(笑)。
森久保さんの「ぼく」から先の言い方が好きです。ふにゃっとするというか、自信がない感じがするというか、あ~リードだなぁと思うというか。リードってちらほらと、喋っている途中で不意に口調が弱くなるイメージがあるんですが、気の所為かなぁ?

ホッチと一緒に病院に来た時のリード。
鞄を右肩にかけて斜めがけ。でも鞄自体は体の前に。
うわ、かわいい!※この種のドラマを見ての感想としてはおかしい。
格好はホント真面目な大学生って感じだし、なんかひょろひょろしてるし微妙に猫背な気もするし・・・眼鏡かけたらもっと萌えられますよ(笑)。

犯人が分かって知らせに行こうとするリードに慌てないように声をかけるホッチ。
リードの動揺(そういえば初めての事件でもないのに反応が妙に初々しかった。今だったら違う動きをしそう)と、ホッチの気遣いがツボでした。
森田順平さんの声もしっかりしているのにどこか優し気で素敵。

・・・でも直後、リードは犯人に殴られて倒れます(涙)。
リードは殴られたらもうダメだよなぁ。ひょろいもの。
犯人に脅されて立たされて走らされる時の弱々しい仕草は、とても凶悪犯とやり合ってきた仕事に就いている成人男性とは思えず(苦笑)。
思わず「頑張れリード!」と応援したくなります。
肉体的に闘う必要があるシーンにリードが遭遇すると、どきどきする・・・。

打ち合わせなしで犯人を騙す芝居を始めるホッチとリード。序盤の射撃場でのやり取りがちゃんと伏線になってましたね。
しかしホッチはどの程度の力でリードを蹴ったんだろう・・・。犯人への見せかけの為にもある程度は本気で蹴っているんですよね、コレ。

犯人がホッチとリードを拘束したプラスチックのヒモ(?)、映画やドラマでも同じ目的で使われるのをここ数年めっちゃ見かけます。かさばらないし、手早く拘束出来て簡単には解けないから活用されてるんだろうなぁ。

ホッチの暴言(芝居)にびくびくしているリードがまるで小動物のようです(涙)。
これって芝居じゃなくて素なんじゃ。リードがこんな器用に演技出来るとは到底思えないんですが(苦笑)。
芝居だろうと思いながらも、ホッチの発言は完全に全部が嘘なんだろうか?とか、リードは考えないのかなぁ。

ラストにあるホッチとリードのやり取りが好きです。
ホッチがリードを心配し、リードがそんなホッチに気にしないでときちんと伝えるところがいい。「悪かった」「大丈夫」などという言葉は使わないところも素敵。
たださらっとホッチが「適正試験は合格ってことにしてやる」と言って銃も渡してしまいますが、え、いいの?ホッチにそんな権限あるの?

あと「12歳で高校に入った」のは事実だろうけど、犯人の頭(額のど真ん中)を撃ち抜いたリードが「足を狙ったんですけど」と言ったのが本気なのかどうか気になります。
本気なら大変だよ!適正危ういよ!( ̄□ ̄;)!!

そして最後の最後はギデオンがもっていきました。
素敵発言多いよ、ギデオン!有本鉄隆さんの声がまた渋くて優しくて格好良い~。
人を殺したのに何も感じないと言うリードに、今はまだ分かっていないだけでいつかはズシンとくると言うギデオン。
でもその時は3つのことを思い出せ。

「お前は務めを果たした」
「大勢の命を救った」
「俺は誇りに思う」

苦虫噛み潰したような顔しながら言ってますけど(笑)、いいセリフだと思います。リードがじわじわと嬉しそうに顔を綻ばせるところにもじんわり。

これはもちろん、リードにとってギデオンが"「誇りだ」と言ってくれることが嬉しいと思う相手"じゃないと意味がない言葉ですが、ここまでのドラマでギデオンがリードの才能をきちんと認めた上でとてもかわいがっていて(でも甘やかしてはいない)、リードもギデオンにはかなわないところがあって尊敬していることが描かれているので・・・ホント名シーンだと思います。


・・・ひとつの記事で2~3話ずつぽんぽんと書けたらいいなと思っていたんですが、今回はリードの出番が多い話だったので長くなりました(苦笑)。先は長いなぁ。(^_^;)
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments