■海外ドラマ『NCIS:LA~極秘潜入捜査班』声優さん感想

ロサンゼルス潜入捜査班 ~NCIS: Los Angeles DVD-BOX Part 1 ロサンゼルス潜入捜査班 ~NCIS:Los Angeles DVD-BOX Part 2
※感想が好きな男性声優さんに偏っています。

『NCIS:LA~極秘潜入捜査班』のシーズン1を半分ほど見ました。
個人的に吹き替えの声優さんが楽しいメンバーなので、まずそれだけでも見る甲斐あり。

主役は森川智之さん。相棒に大川透さん。
仲間に神奈延年さんと保村真さん。そのうち坪井智浩さんも参加するようなのでそちらも楽しみ。吹き替えでこのメンツ・・・そうない気がする。

森川さん(G・カレン役)は中音の男らしいイケメン声。
がちがちの真面目ではなく、かといってチャラくもない、設定的には色々な影を背負っているっぽいので他人(仕事仲間含む)を寄せ付けないクールタイプになってもおかしくないんですが、逆にそれを隠して周りの人間が踏み込んでこない程度に社交的に振る舞っているといった感じの、露骨な孤独キャラよりも心の葛藤が更に厄介そうなキャラ。

加えて潜入捜査もする仕事なので、森川さんの演技は「通常運転(そこそこは社交的)」と「心の傷に触れられた時(荒れる・暗くなる)」の主な二種類と、上司の女性(チームの仲間全員からいい意味でコワがられて敬愛されている人)に対する「取り繕い切れずにちょっとぼろが出る(母親に甘えるような感じ?)」と、後は潜入する時の人物の設定によって色々なものが聞けます。
会社の三代目の坊ちゃんキャラ、ヘラヘラした小悪党なゲームオタクキャラなど(笑)。

潜入シーン・・・というか、"完璧に偽った人物でいる時間"がドラマ内で毎回もう少し長いといいのになぁとは思いますが、基本が1話完結なのでまぁ仕方ないですね。寧ろ毎回よく潜入の流れになる(潜入する人物は固定されていません)もんだと感心します。
いやま、日本語のドラマのタイトルがまさにそうなので、それがいわばお約束なんですが。そこが崩れたらダメなんだろうな。

Ncis Los Angeles: First Season [DVD] [Import]大川さん(サム・ハンナ役)は、見た目(黒人の大男)通りのぐっと力を込めたようなワイルドで少しざらっとした、いい意味で雑な声色で喋っています。
相棒の森川さんや仲間とのやりとりではお茶目な面も見せますが、声はそこまで崩れてないような気が。

潜入もふと気がつくと途中までの視聴ですがまだあまりやっていなくて(多分)、森川さんに比べると"色々な声が聞ける役"という印象は現時点では薄いです。
今後はもっと潜入役になって欲しいですが、よく考えると大川さん演じるサムって見た目から偽れる人物設定がかなり狭まれてしまう気がするので、回が増えても役の振り幅はそう広がらないかもしれませんね・・・。って、海外ドラマの一部分でしかない潜入捜査にこの方向から期待するってどうなんだ(苦笑)。

神奈さん(ネイト・ゲッツ役)は、中音低めの落ち着いた優しい声で演じています。
仲間との掛け合いではコメディな感じにもなります。
心理学者でチームメンバーの心理状態を常にチェックしたりカウンセラーのようなこともやる立場らしいので、いつも周囲をよく見ていて、たまに一生懸命チームに対して第三者的であろうとしている印象があります。

スゴく人が善くて情に厚くて、本来は何でも感情で動いてしまいそうな人なのに、それを心理学という学問の知識と自分の立場(仕事)によって頑張って律しているのかな~というのは私の勝手な解釈ですが、そう思っているので神奈さんの声色はとっても合っているなと思ってます。

単純に神奈さんの声色の中でも好きなところなので嬉しい・・・・・・と思っていたら、どうやら神奈さんはシーズン2序盤で退場になってしまうらしい。ああぁあ・・・残念!坪井さんが参加されても神奈さんがいなくなるとはっ。(〒_〒)

保村さん(エリック・ビール役)は、キャラがIT関連が大得意(ってそれが仕事なんですが)な飄々とした若者(格好もいつもラフでアロハシャツに短パンとか)なので、軽くテンポよく喋ることが大半です。
確かまだ彼の内面や過去が分かるような話はなかった・・・ハズ。これからあるとは思いますが。こういうキャラクターってドラマでもアニメや漫画でも実はスゴい暗い過去を持っていて、それ故に現在の明るい様子になっているってパターンが多いような気がしますが、果たして彼はどうなんでしょう・・・。

ドラマなのでメインメンバーの中でひとりだけ何もないってことはないと思いますが、過去はそれなりでこれからに大問題が起こるキャラかも。他の人達に"過去に重い事が→そこから現在にも問題が発生"という流れが多いですし。

大前提として当然かなり優秀。だけど調子の良い微妙に空気が読めないこともあるチャラ男(人は善い)な保村さんの演技は聞きやすくて楽しくて好きです。彼が事件の中心になるエピソードがあるなら早く見てみたい。って、これは神奈さんが演じているネイトにも言えますが。

現在、日本では何シーズンまで視聴可能なのか知りませんが(シーズン2までかな?)、今後もマイペースに見ていきたいなぁと思えるドラマです。
正直、自分がハマるには後少し何かが足りない感じなんですが、さらっと見やすいドラマなので追えるかなと。今後の展開があんまりアレだと途中で脱落する可能性はありますが(苦笑)、このドラマにはそこまでの事は起きない気がします。何となく。
とりあえず今は「坪井さん、早く出てきて」でしょうか(笑)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments