悟空が強い・・・!(最遊記)

キャラクターCD 最遊記~孫悟空~
←コレに収録されているミニドラマを聞きました。ら、今回は某事情から常時悟空が精神的に優位に立って、三蔵達3人を振り回していてびっくり!新鮮でした。
あの八戒までしっかりと振り回すなんて・・・成長したね!(笑)

ていうか、悟空ってもしや無自覚な天然のS・・・?さらっと陰湿じゃないけどいじめっ子な気質が入っているような。

そういえばドラマCDかアニメか忘れましたが、以前にも三蔵のネコ絡みの話で、何気にネコを怖がる(本人は絶対に認めないけど)三蔵をネコを使っていじっていたなぁ。あの時もぷちいじめっ子だった(笑)。
(あ、ネタとしては確かアニメにもありましたが、それをいじっていたのはドラマCDだったかも)

悟空はメイン4人の中では1番中身が単純なようで、でも色々と複雑で(特に最近の原作)、けれどもその複雑さが表に出てくる時には悟空の中で単純化されたものになっている。だから一見物凄く馬鹿で単純なんだけれど、実は非常に奥が深いキャラなんじゃないかなぁと勝手に思ってます。抱えているものや背負うものが半端ないですしね。大半の記憶(三蔵と会う前のものはほぼ全部)を消されていますけど。

でも『ある時期より以前の記憶が一切ない』こと自体が重いハズだしなぁ。
ああでも原作ではっきりと『記憶がないことをどう思っているのか』って悟空自身が話したことってありましたっけ・・・。アニメオリジナルやら小説オリジナルやらドラマCDオリジナルのエピソードも山ほど知っているので記憶が曖昧(苦笑)。

寺院時代(三蔵に岩牢から解放された後~悟浄と八戒と出会う~四人で旅に出るまでの期間)には少なくとも『岩牢で過ごした日々』には心を痛めていた(心を痛めつけられていた)という描写はありましたが。

・・・通常運転の悟空やコメディなノリの時の悟空を見ているとつい忘れてしまいますが、心底から何も考えていないわけがないですよねえ。無意識だとしても。
って、これはメイン4人全員に言えることですけど。

原作以外のところで楽しい話ばかりに接触していると、本編で描かれてきたしんどい設定のことをスコンと忘れちゃいます(笑)。

さて次は悟浄です。ラストが八戒。
このふたりのCDにはキャラソンはないそうなので、ドラマ部分に期待します。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments