■「ホワイトカラー」シーズン4・・・を見始めて。

ブロマイド写真★海外ドラマ『ホワイトカラー海外ドラマ『ホワイトカラー ~"知的"犯罪ファイル~』のシーズン4を見始めました。
現在、4話まで視聴済み。

まだDVD化されて新しいハズなので、ネタバレが避けられるざっくりとした感想を少し書こうかと思いますが、それでもカンのいい人には色々と分かってしまうかもしれませんので、一切知りたくない方はご注意下さい。

4話まで見て思ったのは、やっぱりこのドラマはこういうジャンルのわりには"優しい"ということ。
(FBIの知能犯専門チームという設定でも、舞い込む事件をやろうと思えばもっと激しい内容・展開にすることも出来ると思う)

各話も、シーズン全体でも、とても気持ち良く見られます。
(シーズン4はまだ見終わっていないので分かりませんが、今のところ通常運転中)

後味が良い。爽快。
その上、味方側の人物達がみな愛おしく、そのそれぞれの関係性にちょっとほっこりも出来る。好きな作品だなぁと思います。可能なら長く続いて欲しい。
でもネタが尽きて無理がきて今の色が変わってしまうのならすっぱりと終わって欲しいとも思います。

私はとても好きですが、"衝撃度"や"痛い程のシリアスさ"を求める人には物足りないドラマかもしれません。だってこのドラマはとにかく見易い。
見ている人の心に優しい(笑)。多分いつ見ても大丈夫。

なんていうか・・・そうなったら見るのがしんどいから絶対になって欲しくないと思う展開には絶対にならないというか。たまに問題解決までが早くないかとは思いますが。
そのエピソードであと数話はいけたんじゃ?なんて思ってしまうから、らしさを失わないネタがいつか尽きて、長くは続かない作品になるかもと心配なのかも(苦笑)。

主人公のニール(記事画像の椅子に座ってる右側の男性)は魅力的ないい人物だと思います。単純にカッコいいというより、総合的には可愛いというか、スゴく人間味があるというか。犯罪者だけど悪人じゃない。
・・・シーズンが進むにつれてますます"悪人じゃない"どころか限りなく"善人"になってきていますが(笑)。

もうひとりの主人公ともいえるピーター(記事画像の立っている左側の男性)とはすっかり仲良くなって"友達"と言っていますが、シーズン3あたりから出てきた父親話を踏まえると、無意識に年上のピーターを父親や兄のようにも慕っているのかなぁなんて思ってしまったり。
人として信頼出来て、その信念を尊敬することが出来る年上の男性と親しくなったら、ずっと話にしか聞いてなかった父親という存在を意識すると思うんですが・・・まあこのあたりは完全なる想像です(笑)。
ドラマ内ではそんな感じの話は今のところ出てきていませんし。"年齢差のある友達"ですかね。親友・・・はモジーなんだよね?

ピーターはとにかく素敵!何このいい人!
人としても、FBIの捜査官としても、上司としても、家庭人としても、こんないい人ってそうはいないと思いますが。
だから奥さんのエリザベスはベタ惚れでい続けるし、部下達にはめっちゃ信頼されて慕われているし、ニールもいつの間にか本気で心を開いちゃうよね!
子供がいない設定なので父親としてはどうなるのか分かりませんが、ピーターだったら色々あっても乗り越えるいい父親になるんだろう。それこそニールにしているように。

というわけで、私は人物としてはおそらくピーターが1番好きです。
コンビならベタにピーター&ニールの組み合わせが大好きですけど。
その軽妙なやり取りに本気の絆が加わって、最新シリーズはもう最初から愛しくて楽しくて仕方ない(笑)。

ニール&モジーも好きですが、モジー絡みならコンビはモジー&エリザベスで、あとはピーター&ニール&モジーのトリオが好きです。ピーターの部下達やサラなどを加えた、味方人物達の"仲間"もいいなぁと思います。
※要するに味方側の人物はみんな好き(笑)。

シーズン4を見終えるまではまだ時間がかかると思いますし、シーズン5が決定しているかどうかも知らないんですが、最後の最後まで楽しめて好きでいられるドラマであって欲しいと思います。期待してます!
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments