■「黒子のバスケ」の保志総一朗さん

TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング SOLO SERIES Vol.11
アニメ第二期がもうすぐ始まるのと、諏訪部順一さんにハマったこともあって「黒子のバスケ」を見直してみました。
元々諏訪部さんが演じる青峰大輝は好きなキャラだったので(原作での先の展開を知っているせいもありますが)、そこはもう安定の好きさで堪能させていただきました。
って、ここで諏訪部さん絡みの青峰話を始めると記事名と中身が合わなくなるので省きます(笑)。

保志総一朗さん(笠松幸男役)が好きだなぁとしみじみ思いました。

もう随分と前から好きな男性声優さんのひとりで、それはずっと変わらないんですが、今回また改めてそう思いました。
そして保志さんは個人的に石田彰さんなどと同じで、時々こんな風に思わぬところで「うわぁ好きだぁ」と思わせてくれる常連です。

以前の「三国恋戦記」の記事にも似たようなことを書いていますが、全然意識していない時に意識をスッと引っ張ってくれるので、ちょっとびっくりして地味に感動しちゃいます。色々な作品を見たり聞いたりプレイしたりしていても、こういう事が起こる人と起こらない人がいるから不思議だな~とも思います。自分でもよく分かりませんが。

こういう時に"ここが良かったんだ"と文字にすると、結局いつもと変わらない感想(声色が好きだとか)になるのも困ります。どう書いたらいいのやら・・・(苦笑)。

とりあえず発生条件は"好きな声優さん"×"嫌いではないタイプのキャラ or これまでに萌えたことのないタイプのキャラ"が多いとは思います。・・・まぁ条件としては「そりゃそうだよね」って感じですね。

ちなみに一番衝撃を受けるのは"特別好きだと思ったことはない声優さん"×"好きじゃないタイプのキャラ"で引っ張られた時でしょうか。今までそんなのあったのかと問われると、このパターンはなかったような気がしますが。

"好きな声優さん"×"好きじゃないタイプのキャラ"で初めてそのタイプのキャラに萌えたとか、"特別好きではない声優さん"×"好きなタイプのキャラ"でその声優さんに惚れてキャラも楽しんだ、というのはこれまでにちらほらありますけども。
って、何の話コレ・・・。

まとめ→「黒子のバスケ」の笠松役の保志総一朗さんはいいと思います!
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments