■ドラマCD 百器徒然袋 | 戸惑う。(榎木津礼二郎というキャラ)

百器徒然袋1 雨 鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱7月からドラマCDシリーズの発売が始まった「百器徒然袋」シリーズ。・・・「薔薇十字探偵」シリーズ??
原作は京極夏彦さんの小説です。原作は未読です。

で、主役(・・・なんだよね?出番量的には1番じゃない気がするけど)が榎木津礼二郎というキャラなんですが。あ、ちなみにCVは小野大輔さんです。

この人、私の中ではTVアニメ「魍魎の匣」に登場したキャラの印象が強烈にあった(実写映画も見ていますがそちらはこのキャラが出ていたかどうかも分からない程記憶が曖昧)んですけど、なんか、TVアニメとドラマCDでのキャラの違いに戸惑ってます。

魍魎の匣 第三巻 [DVD]声の違いからくる違和感とか、そういうレベルの違いではなく。
※アニメの方のキャストは森川智之さん。

え~・・・職業が探偵で、でも調査はしなくて、特殊な能力があって、変人。それは同じ。←当たり前。
でも、キャラのタイプが違う気がして仕方ない。(^^;)

TVアニメの方は上記の設定に加えて飄々さというか、ほわわんとした天然の不思議ちゃんな雰囲気があって、森川さんの喋りも柔らかくて変人ではあったけどふにゃっとしたイメージだったんですよ。

でもドラマCDの方は・・・エネルギッシュ。エキセントリック。周囲に撒き散らすパワーが強烈。最初にドラマCDを聞いた時はびっくりしました(笑)。
てっきりTVアニメでのキャラのような人が登場すると思っていたので。

・・・多分これ、TVアニメの方が違う・・・んじゃないかなぁ。予想ですが。
原作はこのドラマCDのキャラなんじゃないかって気がします。TVアニメの方は助手の設定も変わってますしね。
それとも正確には「魍魎の匣」は榎木津礼二郎のシリーズではないので、視点のようなものが違ったりするんでしょうか。
「魍魎の匣」の中で、ラストの謎解き時に"それぞれの人が持つそれぞれの物語(視点)"の話をしていましたし。
TVアニメ版は榎木津礼二郎という人物を「百器徒然袋」の時とは違う視点から見ているから印象も違うとか・・・?
細かく言えば「魍魎の匣」に出てきた他のキャラ達もドラマCDの方ではちょっとイメージが違っているような感じもしますし。

って、別にドラマCDの榎木津礼二郎がイヤなわけではないんですけど。驚いただけです。2枚目を聞いていて慣れてきたなぁと思ったので、6枚全部聞く頃には戸惑いも無くなっているんだろうなぁ。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments