■追加でもうひとつ。(諏訪部さん出演のゲーム)

S.Y.K 蓮咲伝先日の記事で色々と書いていたんですが、その後またごちゃごちゃと考えまして、←コレもプレイすることに決めました。
ファンディスクからやるという無茶っぷりです(笑)。

これは本編の中身をある程度知っているってのもあるんですが、単純に「ファンディスクは糖度が高いに違いない」という思い込み&期待から。ファンディスクをやった結果、本編に戻る可能性もありますが、諏訪部さんのフルボイス目的のゲームはひとまずコレを5作品目として打ち止めしようかと思ってます。とりあえず落ち着こう自分。

今更ですが一体何年振りに起動させるんだろうというPS2の動作が気になって試してみたところ(ゲームはまだ手元にないのでテスト出来ず)、何の問題もなく動いたんですが・・・最後にふとディスクの開閉ボタンを押してみたところ、動きがちょっとぎこちなくなっていてびっくりしました。

ちゃんと保管していたつもりでしたし、ぶつけた覚えも落とした覚えも倒した覚えもなかったんですが、もう毎回開閉の動きはスムーズではなく、何回かに1回は開く途中で止まってしまったり(その場合、ぎこちなく勝手に引っ込んでいく)・・・地味にどきどきします。多分、しばらくは大丈夫だとは思うんですが、開閉の回数はなるべく少なくした方が良さそう。(^ ^;)

PS2のゲームはひとつひとつ自分が納得出来るところまでプレイしてから次にいこうっと。←こういう問題がなければOPだけを全作品まず見ちゃえとかやるタイプなので。
・・・今のPS2が壊れたら、もうさよならですねえ。PS2及びPSゲームをやることも出来なくなります。

こうなると後はPS3とwin7。DSも可能と言えば可能なんですが、DSは自分が乙女ゲームに一番求めているといっても過言ではないボイスがフルじゃないので、非常に微妙なハードだったり。

まぁとにかく、これからプレイする予定のPS2ゲーム3作品が終わるまで本体がおかしくなりませんように!(切実)

って、この記事「諏訪部順一さん」というより「管理人の雑談」ですね。前回の記事からの流れがあるのでこちらのカテゴリに入れておきますが、ただの雑記です(苦笑)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments