■塔の上のラプンツェル 感想

塔の上のラプンツェル [DVD]見ようと思うに至った経緯。
男性声優さん目当てで聞いた企画CD「ディズニー 声の王子様 第2章-Love Stories- Deluxe Edition」の中に挿入歌である『輝く未来』が収録されていて、好きになった。
→原曲が気になってサントラCDをレンタルして聞いてみた。
→サントラを聞いているうちに映画自体が気になり始めた。
→レンタルして見た。

感想の結論。
これまでに見た(全てではない)ディズニーアニメ映画(セルもCGも全て含む)の中で、1番好きだと思いました。
いや~・・・もっと早くに見ておけばよかった!

満点!完璧!と思うわけでもないんですが、単純にとても好きだなと思えました。心が潤ったなぁと。
映画としては時間的にもこれがちょうどいいんだとは思いますが、個人的な好みを言うと、もっと某店のみなさんやヒロインの両親のお話を細かく深く長く見たかったです。
そうしたら絶対、ラストの盛り上がりで泣けた・・・。

ヒロインのタイプが好みでした。
それ以上に相手役のキャラタイプがツボでした。
こういう世界観でああいう人って、可愛くて格好良いのでホント素敵だと思います。
※別にこういうお伽話の綺麗な世界じゃなくてもこの手のタイプのキャラは大好物。

結局はヒロインには勝てないってのがいいよね!
こんなこと言うとアレですけど、もう少し年が上だったら平田広明さんが声をやったら十八番になりそうなタイプのキャラですよ。
実際に吹き替えていた方の声がどうのというわけではなく(寧ろ好きで名前やら何やら調べてしまったくらい)、あくまで未見の方に伝えたいイメージの話ですが。
・・・ていうか、ぶっちゃけビジュアルが「タイバニの虎徹を若くしたみたいだ」なんて思ってしまった所為かも(苦笑)。

と、まぁそんなわけでして、好きなタイプのヒロインと好きなタイプの男性キャラが恋に落ちて結ばれる幸せな物語は楽しくて当然で。最初から"ハッピーエンド"が約束されているし、長過ぎず短過ぎずの時間でゆったりと見られました。

印象的なシーンはベタですが、やはり王様&王妃様が火を灯す~国中に灯火が広がり、それが空に昇っていく~その光景を湖の上のボートに乗ったヒロイン達が見て『輝く未来』を唄い出すところでしょうか。
灯火が広がっていくシーンは音楽の効果もあってちょっと泣きそうになりました。色々な意味で綺麗だった。
『輝く未来』は映画を見たことでますます好きな歌になりました。癖になる。

他にもカメレオンとかウマとか、楽しかった~。ウマは特に出てきた時から最後の最後まで素晴らしい!(笑)
可能なら続編とか周囲の人を主役にしたスピンオフ作品とか見てみたいですねえ。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments