【BL】森久保祥太郎さん

くらっしゅ+ゴーストハンターズ~Nightmare夢の住人 イヤもキライも恋のうち 夜ごとの花(ドラマCD)  

初聞きBL出演作は・・・なんだろう・・・「くらっしゅ+ゴーストハンターズ」かな?
ディープなもの(オイ)なら、多分「夜ごとの花」あたりが最初だと思います。
あ、これは攻キャラですね。
受キャラの初のディープな作品は・・・「イヤもキライも恋のうち」かなぁ。

森久保さんの声は、濁らない透明感がある声質だと思ってます。
ちょっと鼻にかかるようなところもありますが、それでもカスれやざらざら感は全然ない声じゃないかと。 なので、受役が多いのもわからないでもないんですが、個人的にはダントツで攻役やってる時の声色が好きです。

低めに演じた男っぽい声を聞くと、格好良いなぁと思います。「鬼絆-この陰りある哭のままに-」はちょっと低くしようとし過ぎじゃないかなぁとか思いましたけど。
もっと攻役で(メインで)BLドラマCDにも参加して下さい。

【好みな攻タイプ】
あまり数を聞いたことがないんですが、「夜ごとの花」のような年下攻で受のことが好きで好きでしょうがなくて、うまくいかない場合は危ない道にも踏み込むかもしれないくらい情熱的なタイプが好きかも・・・。
(ヤケになって鬼畜になっちゃったところで終わる話は勿論苦手ですけど)

後、聞いたことはないですけど、ほやんとした一見受みたいなタイプのキャラなんだけれど攻で、天然で受(年上)にニコニコしながら毎日好き好き言ってるような、(受に対して)犬みたいになついている感じのキャラとか聞いてみたいです。

【好みな攻キャラ/具体例】
「夜ごとの花」「花のように愛は降る」
「鬼絆-この陰りある哭のままに-」
「愛していると言ってくれ。」
「ルビーにくちづけ」(短編ドラマ集)
「ルビーにくちづけ メモリーズ」(短編ドラマ集)

【好みな受タイプ】
森久保さんは地声が低いわけじゃないですから、とても高い声が出てると思います。
だからキャラタイプもある程度範囲が決まるわけで。
・・・う~ん、「ルビーにくちづけ」や「ルビーにくちづけ メモリーズ」に収録されている短編ドラマ集のようなBLだと全然OKなんですけど、危ないシーンが多ければ多いドラマCDほど聞いていて反射的にあわあわしちゃうような気がします。・・・何故・・・。

【好みな受キャラ/具体例】
「子供(ガキ)の領分」
(攻か受かハッキリわからないんですけど、BL作品らしいので)
「くらっしゅ+ゴーストハンターズ 」
「ルビーにくちづけ」(短編ドラマ集)
「ルビーにくちづけ メモリーズ」(短編ドラマ集)
「負け犬の食卓」「負け犬のなんでも屋」「なんでも屋ナンデモアリ」
(BLなのかな・・・)

なんだかすごくこっち系のドラマで森久保さんが出ているのを聞いていた気がしたんですが、こうして挙げてみると少なくてびっくり。
というか、メインCPに絡んでくる3人目のキャラとかで出演されていることが多いっぽい・・・。調べていてその位置にいる森久保さんをたくさん聞いていたんだな、と再認識しました。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments