【BL】鈴村健一さん

    

初聞きBL出演作は「ミックス★ミックス★チョコレート」だと思います。
それまではヘタすると"鈴村健一"という声優さん自身をほとんど意識してなかったような・・・(苦笑)。今思えば色々と出演されているものを見たり聞いたりはしていたはずなんですけど。しかもこの後、続けてこっち系でたくさん接触してしまったので、鈴村さんを認識してしばらくはこちらの印象の方がめちゃめちゃ強かったです(苦笑)。

・・・で、ここまでは聞いたものの大半が受キャラでした。
というか、現時点においてもきちんとした(?)攻キャラはほとんど聞いたことがありません。もしかすると・・・「優しくて棘がある MELLOW~眠れぬ夜は狂おしく~」の特典ドラマ「梁と千裕、時代別主従の絆 大正編~眠れぬ夜の純情~」でしか聞いたことがないかも・・・(他にあったっけ?)

鈴村さんの声は、明るく元気でお調子者!・・・みたいなキャラを演じている時も好きですが、たまに聞ける低めの男っぽい声もけっこう好きです(BLでは滅多に聞けないですけど)。もっとやって欲しいな~。
あ、天然入ったほわんとした穏やかなキャラをやっている時の声も好きかも(ほとんど好きってことじゃないか/笑)。

ちなみに。
個人的に"受キャラが巧い"と思う声優さんの上位に入る方です。
多分、ベスト3に入るかと(笑)。

【好みな攻タイプ】
上記した通り、聞いたことがほとんどないのでなんとも・・・。
「優しくて~」の攻キャラは主従関係の従だったのでツボではありました。敬語を使う大人なキャラでしたし。
(ただ、一線越えのシーンのやりとりはちょっと笑ってしまいました。何故・・・)

【好みな攻キャラ/具体例】
「優しくて棘がある MELLOW~眠れぬ夜は狂おしく~」の特典ドラマ
「梁と千裕、時代別主従の絆 大正編~眠れぬ夜の純情~」

【好みな受タイプ】
これまで聞いた中には「これはダメだ~」と思ったキャラはいなかった気がします。
鈴村さんが演じたことで、本来なら苦手なタイプのキャラがなんだか許容出来てしまったパターンも少なくないような・・・。(そう考えるとすごいかも、鈴村さんてば)

1番好きなキャラタイプは(そういえばBLに限らず)、明るく元気なお調子者。方言とか使ってるとさらに◎(笑)。
次は、天然入ったちょっとほわんとした感じのキャラ。これで攻キャラが年下だったりするとなお◎。ま、作品自体に好感が持てれば、これら以外のタイプのキャラでも全然アリなんですけども。

【好みな受キャラ/具体例】
「嫌いにならないでね」「悪魔の論理学」
「ブレックファースト・クラブ」シリーズ
「GP学園情報処理部」シリーズ
「DRは龍に乗る」
「悪 -WARU-」
「彼氏いりませんか?」「彼氏のひみつ」「Little Romance」
「ミックス★ミックス★チョコレート」
「学園ヘヴン」
「最後のドアを閉めろ!」
「恋愛トラップ」
「花嫁くん」
「世界のすべてが敵だとしても」「世界は二人のために」
「Lしたいね!」
「シルバーカオス」
「天使か悪魔か」
「予感 -Yokan-」
「つよがり」
「月と狼」に収録されている「黒い鱗と黒い角」
「旅行鞄をしまえる日」
「君主サマの恋は勝手!」
「セクシーボイスで囁いて」
「右手にメス、左手に花束」「君の体温、僕の心音」「耳にメロディー、唇にキス」「夜空に月、我等にツキ」
「メールボーイ」シリーズ
「薔薇の砂漠」
「歓楽の都2 譚詩曲の流れゆく」
「恋情のキズあと」
「虜にさせるキスをしよう」「そのくちびるで惑わせて」「まなざしのレジスタンス」
「生意気。」
「MOMO・CAN~桃缶」シリーズ
「カジノリリィ」「春を抱いていた5」
「トライアングル・ラブ・バトル~くされ縁の法則~」「くされ縁の法則② ~熱情のバランス~」
「ホストなあいつ」
「優しくて棘がある」シリーズ
「その指だけが知っている」シリーズ
「スリルがいっぱい」シリーズ
「愛され過ぎて孤独」「愛し過ぎた至福」
「僕は君の鳥になりたい」
「されど不敵なヤツら」
「おい!田中くん」シリーズ
「熱砂の王」
「可愛いひと」
「神無ノ鳥」
「唯我独尊の男」シリーズ
「レンアイ・アラカルト!」
「若!!」シリーズ
「兄貴上等」
「ESCAPE」
↓声は好きな感じでした。
「SexyBoy's」
「きみだけのプリンスになりたい」
「オオカミさんに気をつけて」
「花色バージンソイル」
↓恋愛に絡んでないですけど。
「しあわせにできる」シリーズ
「まほデミー週番日誌7 魔法学園・迷宮ロマンス」
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments