■救命医ハンク (遊佐浩二さん)

ブロマイド写真★海外ドラマ『救命医ハンク セレブ診療ファイル』キャスト4人「救命医ハンク」でいいのか「ロイヤル・ペインズ」や「セレブ診療ファイル」もつけるべきなのかはよく分かりませんが、現在、第4シーズンがWOWOWで放映中の海外ドラマシリーズ。

私は第3シリーズを見終え、第4シリーズの1話をWOWOWの無料放送で見ました。そもそも見始めたきっかけも同無料放送(吹き替え版)なんですが。

このドラマは重い毒が無くて、登場人物がチャーミングで、楽しく見るにはホントに最適です。特に吹き替え版!
主役は咲野俊介さんだし、その弟を演じる遊佐浩二さんがもう・・・楽しい!(笑)

この遊佐浩二さんは、カッコ良さも色気も艶っぽさもほぼない・・・というか、皆無?
でもスッゴく楽しいです。
キャラのタイプはとにかく"お調子者"。人が良くて優しいのも事実ですが、とにかく基本はお調子者。(俳優さんの顔もいわゆるハンサムではないかと)
※写真左から二番目の男性が遊佐さん演じるエヴァン。その隣り中央の男性が主人公のハンク(咲野さん)。ハンクとエヴァンは兄弟。

そんなキャラなので、たくさん喋ります。登場したら(落ち込んだりしていない限りは)めちゃくちゃ喋ります。
浮かれていると、ノリノリで歌を唄っちゃったりもします。いや~楽しい(笑)。

格好良い遊佐さん好きな方にはアレですが、どんな遊佐さんでも好きな方にはオススメなドラマです。第1話から出っぱなしの人物ですし、先に書いた通りヘコんでいなければよく喋るので(笑)。

しかしこのドラマを見る度に不思議だなぁと思います。
遊佐さんは他にこれでもか!という数の出演作を見たり聞いたりしていますが、メインになればなるほど大抵は男前の役で。
もちろん"たらし"だとか"変な人(笑)"だとか、ストレートな二枚目じゃない役も多々ありますが、「声色」としては色艶のあるイケメン声が多い印象があります。(少なくとも見た目だけならイケメンな役が多い)

なのに、こういう設定&見た目の人物の声をあてていてもまったく違和感がない。・・・どころか、もうぴっったり!(笑)
聞き慣れて見慣れた~とかではなく、第一声からそう思いました。
これは遊佐さんの演技力の賜物か、ビジュアルの影響が偉大なのか。ホント、不思議です。こういう感覚も面白いので、吹き替えも楽しいなぁと思います。
アニメやCDでよくイケメンをやる人が普通にイケメン俳優(役)の声をやってくれても当然嬉しいですけど。

※吹き替えメモ・・・第3シリーズのゲスト吹き替えに藤原啓治さん。個人的にはびっくりな配役でした(笑)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments