【BL】遊佐浩二さん

 悪魔の論理学(1)悪魔の論理学(2)ルボー・サウンド・コレクション ドラマCD トライアングル・ラブ・バトル~くされ縁の法則~ルボー・サウンド・コレクション ドラマCD 花ムコさん

初聞きBL出演作は「悪魔の論理学」(「嫌いにならないでね」シリーズ?)
これが攻キャラのお初。ついでに言えばこれが個人的ドツボなキャラでした。いまだにこのキャラの好感度を越える攻キャラには巡りあっていません。
受キャラは「閉じこめたいの」が最初になるかと思います。

遊佐さんの声は、高めでも低めでも好き。「苦手だなぁ」と思ってしまう声はまだ聞いたことがないです。
喋り方は丁寧な感じや方言とかだとなお◎。

【好みな攻タイプ】
理知的。クール。大人(実年齢ではなく中身が)。
丁寧な喋り方か、もしくは大阪弁や京都弁などの訛りで喋る。
・・・これらに加えて色気まであると、たまりません(笑)。

【好みな攻キャラ/具体例】
「悪魔の論理学」
(途中からメインCPですよね)
「トライアングル・ラブ・バトル~くされ縁の法則~」
「愛できつく縛りたい~恋より激しく~」
「恋情のキズあと」
「だまし討ちだぜ、DR」
「月と狼」に収録されている「遊べや雀」
「花ムコさん」
「幸せにしてあげます~みどりさんを探せ!~」
(メインCPじゃないですが。・・・というか、主人公相手に牽制し合いながら会話をしているのが好きでした)

【好みな受タイプ】
理知的。クール。大人(実年齢ではなく中身が)。
丁寧な喋り方か、もしくは大阪弁や京都弁などの訛りで喋る。
(攻キャラの好みのタイプと同じじゃん/笑)
女々しくない。むしろ男前。
↑こういう感じのキャラを演じている時の遊佐さんの声って、めちゃめちゃ色っぽくてどきっとします(本気)。

【好みな受キャラ/具体例】
「閉じこめたいの」
「この愛にひざまづけ」「この愛に溺れろ」
「爪先にキス」
「ブロードキャストを突っ走れ!」
「束縛 懲罰委員会」
(メインCPは苦手だったんですけど・・・/オイ)
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments