AMNESIA (アニメ) 第5&6話 感想

AMNESIA キャラクターCD イッキ&ケント編
第5&6話はイッキ(谷山紀章さん)がヒロインのお相手です。

冒頭、イッキが瞳のことを言いましたが、前々からちらほらとドラマCDなどで気になっていた言動がようやく分かるのかな。

イッキの瞳には、人(主に女性?)を惹きつける不思議な力がある・・・?
よくサングラスをかけている理由も、それだったのか。カッコつけていたのかと(笑)。

でも"体質"って本人が言ってますね。ヒロインに対してだけは、何故かその効力がないとも。超能力的な力があるってわけじゃなく、"生まれついての特異体質"という設定なだけかな?
それだけならそれはそれでびっくり。(^_^;)

ヒロイン自身の謎は、リスタートしても本人が「??」状態なので、やっぱりまだまだよく分かりません(笑)。
シン編を見た感じだと、謎解明の伏線って各話にある・・・のかなぁ?

ヒロインがひたすら戸惑ったまま、男性キャラの萌えシーンが入った話が進んでいくので、謎解明に関してはよく分からず(苦笑)。

イッキをやっている谷山紀章さんの声は・・・なんていうか・・・ずうっと甘くて、常に囁いているような声色なのがスゴいですね~!糖度の高い声が垂れ流し(笑)。
でも、そんな声なのに"囁いている"のではなく、ちゃんと"喋っている"んだよなぁ。

イッキはキャラタイプ的にはあまり得意ではない方ですが・・・わけありの女たらしならまた印象が変わるかも?(コメディドラマでは大好きですが、イッキって/笑)
イッキ編を最後まで見たら何か変わるかなぁ。ちょっと楽しみです。

ケント(石田彰さん)が登場。イッキがヒロインの相手なら、ぜひとも出てきて欲しかったキャラです。ていうか、イッキとケントは道端で何をしてるのさ・・・(笑)。
このふたり、スワンボートの時も思いましたが、親友なのはいいんですけど・・・ちょっと変ですよね?(笑)

あ、でもケントが出てきたらイッキの声が少し変わったような。
対ケント、対ヒロインで声変えてますね。
・・・って、女性にも男性にも同じじゃ困るわ(笑)。

そういえば、最初の方以外ではもうイッキの瞳の件にはまったく触れませんね。
そういうもんなんだ、とだけ思っていればいいのか(笑)。

イッキが女の子を振った(と思われる)シーンでのイッキのセリフが印象的でした。
私の方がいいですよ、と略奪愛しようとする女の子って・・・スゴいなぁ。

イッキの変装はどうかと思います(笑)。
この人は天然なんだろうか・・・。もっと効果的な変装の手段が山ほどあるよねえ?

順番がズレますが、イッキとの某シーンが第1話か2話でヒロインの脳裏にフラッシュバックしてましたが・・・ていうか、それをいったらシンとのシーンもですが、あれはこれから体験することを予知的に見ていたのか、既に体験したことを断片的に思い出していたのか・・・。う~ん、最後まで見たら分かりますよね?

イッキの酔っている声がなんか良かった・・・(笑)。ぷち萌えました。
途中からトーンが変わったので、酔ったフリでもしていたのかとも思いましたが、考えてみたらここでフリをする必要はないですよね。
って、フリだったらイッキ、めっちゃ演技派(笑)。

しかし実際瞳の力の理由(設定)がなんであれ、こんな人が彼氏だったら大変だわ。
この世界のヒロインはご苦労様です・・・。

え、あれ?流れ星に願ったらその瞳になっちゃったんですか?(驚)
イッキ自身も言ってましたが、何を願ってるんだあなた(笑)。

お、やはりイッキとのキスシーンもあるんですね。
その後に、またたくさん流れ星に願いをかけていましたが、それを叶える力は宿るんでしょうか?地味に気になる・・・。

わ~ファンクラブの女性達がこわっ!(((゜д゜;)))
なにその決めごと!意味分からん!

ていうか、ヒロインが何かを調べる為にファンクラブに入った、みたいな話を友人がしていましたが、ヒロインは何を調べたかったんでしょう??

イッキのことを誤解していたとしても、まさか興味本位とか挑戦的な感じ(女たらし!→私には瞳の効果はない→少し痛い思いをすればいい、とか)で三ヶ月だけ付き合おうとしていたわけではないですよね?
だったらこの世界のイッキがかわいそう・・・(涙)。

・・・この後を見れば分かることなのかな?って、単純に何かを見落としていたり、変な認識をしていそうですが(苦笑)。

ラスト、またリセットがかかる流れに。
第7話本編を見ただけでは、次は誰が相手になるか分かりませんね。
次はケントです。しかも何故か彼だけ1話です。何故・・・。(←先を少し見ているので)

全部ではないですが、先をある程度見てから見直すと、EDってよくよく見ると色々ネタバレしているんですね。びっくりしました(笑)。いいのかなぁ。

あれ、気がついてみると、第5&6話にはシンとトーマがまったく出てきませんでした。
イッキとケントが別世界で知り合いじゃないのは特に気にならなかったんですが、幼なじみなふたりが幼なじみじゃない世界もあるってことなんでしょうか?そこは何故か絶対だと思ってました。

あ、でも単に出てこなかっただけで、幼なじみは変わらないのかも?
う~ん、ちょこちょこと気になることがたまっていくなぁ(笑)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments