AMNESIA (アニメ) 第3&4話 感想

AMNESIA 第1巻(ファンイベント先行抽選券封入 初回限定版) [DVD]
間もなく最終回ということで、各男性キャラの当番回をそれぞれまとめて書いてみようと思います。

第3&4話はシン(柿原徹也さん)がヒロインのお相手。
ヒロイン自身の記憶の謎に関しては、見ているこっちは相変わらず訳が分からないので(苦笑)、そのあたりはもう最終回付近に解明されると信じてスルーしときます。

前にも書いたと思いますが、シンをやっている柿原さんの声、好きだなぁ。元々タイプ的にツボなキャラってのもあるんですが、柿原さんのクールなトーンの声がぴったり。
まだどこか青い感じ(笑)も含めて、いいですねえ。

幼馴染みであるヒロインが好きで、内心は必死なのがかわいいです。ツンデレ(だよね?)万歳。ヒロインにメイド喫茶の挨拶をされて照れているところとか、ベタだけどぷち萌え。

しかしシン・・・ずっと好きだった子とようやく恋人になれたのに記憶を失くされるって・・・シン側からしたらなんて切ない。(T_T)

この世界のヒロインは、今のこのヒロインの意識が他の世界のヒロインに移動した後、ちゃんとシンの恋人だったヒロインに戻るんでしょうか?
視点は常にこのヒロインのものでしかないので、彼女が通り過ぎた後の世界も気になります。戻ってなかったらヒロインも相手も気の毒。

そういえば、シン、第2話のラストでいきなりキスしていましたが、あの物言いだと、ヒロインとキスするのが大好きっぽいですねえ(笑)。

第1&2話の誰とも関係していない(実際は誰とでもそうなってる可能性がある世界なのかな?)ような状態から、こうして明確に「シンが恋人」という状態を見ると・・・この先の話でおそらく「トーマと恋人」「イッキが恋人」「ケントが恋人」というのも見ることになると思うんですが・・・ヒロイン、一体どうしたら誰かひとりを選べるんですかね??(あ、ウキョウも入るのかな)それぞれの記憶が残った状態で、それぞれのキャラに毎度キスでもされることになるなら、逆に選べないような気が・・・。

一周して最初にいた世界に戻ってきて、そこで誰を選ぶかを決められるような流れになるんでしょうか?
それともアニメでは誰も選ばずに、記憶の謎だけが解けるって感じなのかな。

シンはヒロインと恋愛関係にあると、カッコつけていてもちょっとかわいくて、でも想像よりも暗さを抱いていたので、やはりドラマCDだけでは把握し切れないんだなぁと痛感しました(苦笑)。

はっちゃけるような明るいタイプじゃないことは分かっていましたが、そういうのは性格的なことだけで、まさか本当に問題を抱えているとは・・・。
不安要素のなくなった、ヒロインと完全ラブラブなシンも見てみたいなぁ(笑)。
↑これは多分、全キャラに思いそうですが。

って、ちょっとシンから話がそれますが、この世界のトーマ(日野聡さん)にはヒロインに対する恋愛感情はないんでしょうか?すっごい気になる。
イッキ(谷山紀章さん)とケント(石田彰さん)とは、出会ってはいるけど知り合いではないんですよね、この世界では。
ウキョウ(宮田幸季さん)は相変わらず「ボクも色んな世界を渡り歩いてる」的な言動をしていて、この世界ではイッキ達と一緒に旅行先の山荘で会ったっぽいですが。

ラスト、ヒロインの時間がまたリセットされました。
次はイッキが当番みたいです。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments