緑川光&置鮎龍太郎 | 羊でおやすみ

羊でおやすみシリーズ Vol.7 「おやすみなさいませ お嬢様」緑川さんの執事さんは優しくて甘くてほわんとした感じです。声の高さは中音くらい。
この執事さん・・・カッコいいのに時々「可愛い」と思う・・・何故だ・・・(笑)。

置鮎さんの執事さんは基本的には厳しそうで堅物そうなのに、"お嬢様"のことはがっつりと大事そうな感じです(笑)。
声の高さは中の下・・・くらいかな?
しっとりと落ち着いていて艶もあり、かつ甘め。
個人的にはこのシリーズの中で聞き終えると最もお腹がいっぱいになるCDです。

「私はお嬢様のものなのですから。」
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments