■PSYCHO-PASS ラジオドラマ×4 感想

PSYCHO-PASS ラジオ 公安局刑事課24時 冬の一斉検挙SP←このCDに収録されているラジオドラマ×4を聞きました。

コミカル路線なことは噂に聞いていたので一応覚悟していましたが(笑)、思っていたよりは狡噛さん達のキャラが壊れていなかったです。・・・と、思います。・・・人によっては微妙・・・か?
こういうドラマになるともっとキャラが崩壊する作品もよくあるので、そういうのを想定して聞くか聞かないかで感想が随分変わるかも・・・(笑)。

ちなみにアニメは放映開始日からずっと「放映の翌日」に録画したものを見ています。
(何度も何度も見直したりはしていないので、情報・設定の把握にはあまり自信がない)
ただ、最終回とその前はまとめて見る予定なので、現時点では21話も未視聴。
この新ブログの開始が去年の10月より前だったら、おそらく1話ずつの感想記事を書いていたと思います。関智一さんが主役で宿敵が櫻井孝宏さん、仲間に石田彰さんや野島健児さんや有本欽隆さんだなんて、絶対感想書きにチャレンジしてた(笑)。
でもこうなってしまうと(ブログがちょうどアニメ中盤頃から開始)、感想記事を書くとしたら全部見終えた後に「まとめ」的なものか、全部見終えた視点からの各話見直し感想か・・・もういっそ書かないか。・・・終わり方次第かもしれません。

以下、ラジオドラマ×4の感想です。

●着ぐるみ編
狡噛さん(関智一さん)と宜野座さん(野島健児さん)がキャラを壊さずに淡々と着ぐるみショーに関与しているってだけで妙におかしかったです(笑)。
こういうシリアスキャラは崩れないことで逆に笑わせてくれるといいなぁと改めて思いました。子供達にボコられる狡噛さん(着ぐるみの中)って・・・(笑)。

●眼鏡編
着ぐるみ編よりは狡噛さんと宜野座さんが崩れました(笑)。
でも基本路線は守っているので、またそこがおかしい。
私が本編を見ていて気になった「この世界における眼鏡の意味」がこんなところで判明。宜野座さんの眼鏡へのこだわりはともかく(笑)、設定は納得です。
しかしこういうドラマを聞くと、いわゆる日常のひとコマみたいなので、狡噛さん達は普段こんななのかと思っちゃいますね。
違うんだろうけど(笑)。

●温泉編
ちょっぴり征陸さん(有本欽隆さん)を見る目が変わったドラマでした(苦笑)。
そ、そうなのか、とっつぁん・・・。いいのか、とっつぁん・・・。
でもよく考えてみると、本編では征陸さん個人のシーンってない(多分)ので、征陸さんには元々こういう一面があるのかもしれませんねえ。それはそれでもっと見せてくれたら愛すべき親父になるのに(笑)。
狡噛さんがそっち方面の路線にノらなくて良かったです。狡噛さんは征陸さんより引く・・・ていうか単純になんか哀しい(涙)。
ま、狡噛慎也×常守朱をずーっと期待してきた身としては、対朱ちゃんならむっつりスケベとかでも全然いいんですけど(笑)。

●張り込み編
これは・・・一瞬「狡噛さん、ま、まさか全裸?!」と思ってしまった自分の反射思考があるあるなのか単におかしいのか知りたいところ(苦笑)。
しかし狡噛さん、頭良いハズなのになぁ。なにしてるんですか。それだけ自分の健康(体力)に自信があるってこと?
宜野座さんはアレルギー体質バリバリだったり、油断するとすぐに風邪をひいたりしそうだなぁ(笑)。あ、でも逆に狡噛さんよりもスゴく健康体ってこともありそうですね。しれっとした顔してこれまでの人生で風邪ひとつひいたことがないとか。

改めて聞き直した感想ではないので、細かい認識等、色々間違っているかも(苦笑)。
予定では続編の「PSYCHO-PASS ラジオ 公安局刑事課24時 春の交通安全SP」(2013年4月24日発売)も聞くので、その時にはまたラジオドラマの感想をアップしたいなぁと思っています。

※CDそのものは「ドラマCD」ではないです。「DJCD(ラジオCD)」で、ドラマは全てミニドラマ。ネタとしては楽しくておいしいですが、CDの要素や割合としてはおまけ・・・だよね?私は思い切りドラマ目的で接触してますけど(笑)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments