【BL】学園ヘヴン (4)

学園ヘヴンレボリューション 2 (プリンセスコミックスデラックス)▼前に書いた記事で書かなかったカップリングの話▼

【岩井×啓太】
岩井さんは啓太に心底癒されて支えられていると思うので、啓太がすごく天然で包容力のあるキャラに見えます。
カップリングとしては・・・穏やかというか地味?(オイ)

岩井さんが攻めキャラとしては押しが強くないと思うので、ドラマCDで(音付きで)一線越えシーンを聞いた時は何だか変な感じがしました。

勝手なキャライメージがあるので、そのイメージでああいうことをされちゃうと・・・頭を過ぎる言葉は「むっつりスケベ」(しかも室内・屋内じゃないシチュエーションだったし!)
↑すいません・・・。

野島裕史さんの演技は穏やかで時に本当に吹き飛びそうな程弱々しくて、それでいて癒し系声で素敵です。
カップリングには直接関係ないですが、PC版では岩井さんの傷つき方がすごかったのでPS2版は少しほっとしました。同じく滝も。

【篠宮×啓太】
PS2版と、一線越えシーンがなかったドラマCDから先に接触していたせいか、ものすご~く真面目でストイックなキャライメージがある篠宮さん。
「婚前交渉はよろしくない」とか心底から思っていそうな、いい意味で考えが古い人・・・みたいな(笑)。置鮎龍太郎さんの凛とした声がホントぴったり!

だからPC版でのあのシーンにはびっくりしました。弓道場でやっちゃいますか。貴方にはとっても神聖な場所なんじゃ(驚)。

一線越えシーンが初登場となった1番新しいドラマCDでも、アクシデントがあった後での盛り上がる気持ちの問題であることは解りますが、「ちゃんと全部が見たいから電気を消さない」とか言い出した時はやっぱりイメージが・・・(苦笑)。
意外と情熱的な、「理性」より「感情」につき動かされる一面があるらしい(笑)。

ちなみに篠宮さんも容姿がとても好きなキャラです。
直毛黒髪はいいなぁ。制服の着方も好き。

恋人になると啓太に対して世話好き性分大発揮で(そういえばアニメ版の和希が篠宮さんなみに甲斐甲斐しくなってましたね)、めちゃめちゃ優しいところも◎。
一心に啓太を守ろうとしてる感じがとても強く、でもそれをいい意味で啓太が受け入れずに自分も篠宮さんの為に動きたいと考えている、ふたりのそんな関係が好きです。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments