【BL】学園ヘヴン (1)

学園ヘヴン BOY'S LOVE SCRAMBLE! ベスト版【接触したもの】
・PS2版ゲーム・・・ハマったきっかけ。人生初のBLゲーム。
・PS2版続編ゲーム/PC版ゲーム
・ドラマCD(コンプリート)
・キャラクターソングCD
・歌+ミニドラマCD×2
・小説(和希×啓太)
・漫画(丹羽×啓太)
・TVアニメ(現時点で1~8話まで)
・WEBラジオ(現在進行形)

【1番好きなキャラクター】
遠藤(鈴菱)和希
人物設定(性格・素性)と容姿と声がドツボでした。
"代理だから"と「くまちゃん」というキャラで平然と自由に喋るところとかもう大好き(笑)。
"本職と高校生"にて"一粒で二度おいしい"感じがお得(特に声&口調の違いがなんとも言えず好きです)。

すっとぼける・のらりくらりでかわす・色んな事を掌握していそう・・・なのに、どこか抜けていて完璧じゃないところも好き(誉めてます)。さらっと高校1年生をやっているところがあなどれない(何歳ごまかしてるんでしょう?)。

そんな無茶をやっていて周囲に怪しまれないのもスゴイ。
ホントは大人な年齢のくせに、時々高校生相手に本気で行動しているところが微笑ましい(対 成瀬さんとか特に/笑)。

啓太が好き過ぎるところもかなり楽しい(特にアニメ)。
絶対的に啓太には弱いところがおいしい(笑)。

というか、和希のこういうところが全部好きなんですけど、ここまで好きになっちゃったのは声が櫻井孝宏さんだったからだと思います(断言)。
和希な櫻井さんの声ってホント大好き。

【1番好きなカップリング】
和希×啓太
和希が(上記した通り)大好きで、啓太がけっこう好きなキャラタイプだったので、問題ナシで1番でした。 色々な意味で卑怯なくらい(笑)、設定がおいしいとこだらけだと思います。出来上がった後のふたりのラブラブがもうね・・・。そんだけ好きならもう勝手にしなよという感じで(笑)。大好きです。

【↑以外で好感度の高いカップリング】
啓太×滝
くっついた後のふたりが妙に好きです。可愛い。
そしてふたりしてどこかバカで面白い・・・(笑)。コンビのお笑い芸人みたい。
演じている福山潤さんと鈴村健一さんの声(&演技)の影響力も大。

学園ヘヴンVol.2 [DVD]七条×西園寺
(一応ゲームの中でそういう流れになることもあるので)
ゲームでこの組み合わせが出てくるルートを見てしまってからは、正当(?)な主人公絡みCPの「七条×啓太」も「西園寺×啓太」or「啓太×西園寺」も二の次になってしまいました(オイ)。

このふたりが実際そうなったらどういう感じなのか、ものすごく知りたいんですけど。 原作のゲーム内でOKだったんですから、1回ドラマCDかなんかでやって欲しいなぁ。 (アニメでも「実はそうじゃないオチ」がつきますけど、この組み合わせのお遊びがあったし)

「七条×啓太」で見せるような顔を七条さんは西園寺さんに見せるんでしょうかねえ?
けっこう淡々とディープにブラックですが。
同じく西園寺さんは「啓太×西園寺」の西園寺さんみたいになるんでしょうか・・・。

【元々BLなのに更に妄想でBLするなら(オイ)】
丹羽×西園寺
これはもう丹羽(何故呼び捨て・・・)の「カオルちゃ~ん」の影響。
というか、ところどころに見える「好きだよ」という感じがけっこうツボでした。
これはこれでホントにアリじゃないか、みたいな。
丹羽の「好き」をどういう「好き」だと捉えるか次第というか。

あ、小説の口絵カラーも妄想に拍車をかけています。
オリジナルキャラデザインの氷栗さんが描いたもので、「椅子に座った丹羽が隣りに立つ西園寺の腰に手を回して引き寄せた瞬間」のような感じのイラストなんですが・・・丹羽の表情は余裕のある男前だし、西園寺もイヤがった感じはまったくなくて、それどころか照れて拗ねているような表情だったので・・・「このふたり、いいな」と(笑)。

学園ヘヴン Vol.1 [DVD]丹羽×中嶋
・・・ゲームでもどことなくこのふたりのそういうネタが遊び部分にあったり、アニメでのオチつきBLお遊びもこの組み合わせだったり、ドラマCDでもこのアニメと同じようなオチのついた「別の学園ヘヴンのドラマCDのCM」ってのが収録されていたし、生徒会会長と副会長だとか親友で相棒だとかそういう関係性もあって非常に妄想がしやすいんですけど・・・。
でもこれらはみな「中嶋×丹羽」・・・ですよね?(苦笑)

「丹羽×中嶋」って、中嶋さんにかなりの妄想フィルターをかけて「女王様的誘い受」にしてる感じだ・・・(笑)。
でもゲームのグラフィックの中嶋さんてけっこう細めで顔がスゴイ美人さんなので、割りと妄想がしやすいような(笑)。丹羽が並べばさすがに丹羽の方が体格良いし。
私としては「中嶋×啓太」で見られる中嶋さんが丹羽を攻めている姿は妄想出来ません・・・。というか、丹羽が受けキャラになった姿が妄想出来ない(苦笑)。

ちなみにこのふたりで妄想してしまったのは、やはりキャラ設定のせいかと。
「相棒」でお互いにお互いのことが色々とわかっている。
※中嶋のようなキャラに相棒的キャラがいること自体萌える。
時々「てっちゃん」「ヒデ」という呼び方になるのもツボです。
(中嶋さんが「てっちゃん」と普段は言わないのは呼び方的にも納得出来るんですが、丹羽が普段は「ヒデ」とは呼ばず「中嶋」なのが不思議です。丹羽がああいう性格だし。「呼ぶな」って言われたのかな・・・←これが妄想/笑)
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments