【BL】好きなタイプ

▼世界観▼
基本的にはなんでもOK。
ちゃんとわかるようにしてくれるのならどんな突飛な設定でも気になりません。

▼ストーリー▼
ラブコメもシリアスもその中間みたいなライトな感じも好きです・・・が、身も心も"痛い"ばかりのようなシリアスものは苦手。
聞き終えた時にただ凹んでしまうような話は本気でダメな時も。
最初から最後まで痛々しいのは論外なんですが、ラストで何とかうまくまとまっても、それまでの過程があまりにもしんどい場合も正直辛いです・・・。

ちなみに。大抵のBLものには無関係ではない"アブナイシーン"(笑)についてですが。
痛い話の辛いシーンなんかはか~な~り×。
そうではないラブラブなシーンは・・・作品によって色々と感じることが違うのでなんとも一概には言えないというか(困)。
ま、ラブラブでもそうでなくても、個人的な感覚で「やり過ぎ」と感じてしまうものが苦手なのは確かです。
「そういうシーン以外のところが好き」とか思っちゃうヤツもありますし(苦笑)。

なお、女性が絡むのは話が成立しているのなら特に問題ナシです。
むしろ"理解・許容しているような味方的な立場の女性キャラ"はいて欲しいくらい。

あとは・・・主人公の相手はやはりひとりがいいなぁと思います。
"過去にいた"とか"複数の人達の間で迷うことがドラマになってる"とかっていうのも別にいいんですけど、接触していて楽&楽しいのは"互いに一途なふたり"なので。
って、こういう好みはBLに限定したことじゃないですけど。ノーマルものでも基本的な嗜好は同じです。

▼攻めキャラ▼
容姿は放っておいても大体は嘘かってくらい綺麗だとか格好良いだとかいうキャラが多いのでおいといて(しかも頭も大概良いですよねえ/笑)、具体的に苦手な攻めキャラのタイプはズバリ「すんごい大人のダンディなおじさま」
・・・なんでか今のところは非常に苦手です。

もっと大雑把な好みは以下の通り。

多少強引でもヘタれでも年下でもいいんですけれど、とにかく相手に対する愛情が見えない・わからない・信じられないようなキャラはすごく苦手です。
かといって、愛していることを理由(免罪符?)に無茶苦茶なことをしまくる鬼畜系キャラも苦手(苦笑)。 ふたりがいいならいいのかなぁと思えることもあるにはあるんですけど、苦手は苦手。

こんな嗜好なので、散々色々なことをしておいて最後に「好きだったからだ」と告白するような攻めキャラは・・・ちょっと・・・。
同じ流れでも、攻めキャラの気持ちが最初の方からわかっていて話のところどころにそれがわかるような感じになっていると、むしろ萌える時もあるんですが(笑)。

▼受けキャラ▼
苦手なタイプ。 それは男(男の子)キャラとして有り得ないような容姿・性格・設定なキャラ。・・・正直しんどい。
攻めを受けた時点で絶対的に普通?の男(男の子)キャラとは違ってくることは十分わかっているんですけど、それでもなんか"譲れない一線"てのがあるんです(笑)。

例えば「これなら別に女の子でもいいのでは?」とか「受けの立場になる前から男としてどうなんだ?」なんて思ってしまうキャラ・・・。BLに求めている"萌え"部分が行方不明です(涙)。 とか言いながら、攻めキャラがドツボな場合は受けがその一線を越えていても平気なことも(オイ)。逆はないんですけどね。


と、いう感じの好みをBLに持つ管理人です。
まぁ例外も多々あるのであくまで「こんな感じ」という話ですが。
・・・時間が経過すると好みって範囲が拡がったり変わったりすることもありますしね・・・(経験済み)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments