■記憶頼りのマンガ思い出「マリー・ブランシュに伝えて」

※記憶以上の情報を得ないよう、あえてネット検索などはしていません(笑)。なので、作品画像も意図的に無掲載です。

作者がやまざき貴子さんなので、多分掲載は「LaLa」かな?
(その前にタイトルは「マリーブランシェに伝えて」かも)
確かタイムスリップものか、少なくとも時間ものネタが絡んだ話のハズ。

主人公の祖先の女性の悲恋のお話だったような・・・。
身分違いの恋的な、相手の青年が剣を持っていたような・・・中世ヨーロッパくらいの時代がメイン舞台だったような。

悲恋の相手の名前ってギルバートじゃなかったっけ?「ギル」って呼ばれてなかったっけ・・・(自信ないです)。

ていうか、ホントに悲恋だっけ?
悲恋として後世には伝わっているけど実は、とかではなかったっけ?・・・あ~詳細が思い出せない(苦笑)。

※この記事は2013年3月に書かれたものです。過去の日付を使った投稿で掲載された記事です。
※当然、書いた管理人の頭の中は2013年3月のものです。が、記事ネタ自体は使用した日付以前に発売・発表されたものに限定。

関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments