■BLACK LAGOON | 声優ファンで良かった。

BLACK LAGOON 001〈通常版〉 [DVD] BLACK LAGOON 002 [DVD] BLACK LAGOON 003 [DVD] BLACK LAGOON 004 [DVD] BLACK LAGOON 005 [DVD]
現在放映中の「BLACK LAGOON」というアニメがあります。

この作品に対してはぶっちゃけほとんど予備知識はなく、出演声優さんだけを知っていて(なんでだ/笑)それをきっかけに「チェックしてみるか~」という軽い気持ちで録画して見始めました。
・・・しかも3話程ためこんでからしか見なかったくらいの興味しかありませんでした・・・。

が。

1話目を見ただけで面白いと思った!
「うわ~久々にきたかも」
とかホントに思って、一気にためこんでいた分を見ちゃいました。

・・・なんだろう。なにが「面白い」と思っているんだろう・・・(考)。

1&2話は単純に主人公の動向が気になって、その展開になんだか痛快な気分になったというか。いまいち頼りない主人公(♂)と強烈なヒロイン・・・という組み合わせが嫌いじゃないという嗜好もおそらく関係してる(笑)。

でも意外と1番大きな要因かもしれないのは、ヒロインを含め「人を殺す」ということが頻繁にある意味で淡白に行われているんですが、それが単に「格好良い」では片付けられていないこと・・・かもしれないです。
一見、二丁拳銃でガンガン立ち塞がる相手を倒していくヒロインというのは格好良いような感じもするんですけど、単純にそうではない感じが特にここ数話(5~7話くらい?)で描かれているように思えて・・・そこにまたとらわれたなぁという感じです。

特に7話。
始終主人公とヒロインのやりとりがすんごいツボでした。
「萌え」のような類のツボではなく、もっと違うところのツボをズガンと押されたような。主人公の成長っぷり&ヒロインの言動の変化(微妙っちゃ微妙。というか一時だけ?)にも驚きましたけど、終わり方とかめちゃめちゃ好きな感じでした・・・。

ちなみに。
ふたりの往来での言い争いの一部と、最後のパトカーの中での某シーン(ナチュラルなあの距離感が素敵)はいわゆるミーハーな意味での「萌え」な感じがありました(笑)。
この先のこのふたりのやりとりが楽しみ~。

作画は毎回非常に綺麗だと思います。
初回なんかとんでもなく綺麗だった印象が・・・。
7話がほんの少しだけ(ホントにほんの少し)いつもよりは作画が乱れたかなって感じでしたけど、それでも綺麗です。はい。
空や海がまた一段と綺麗に描かれていて、それがすごく印象的なアニメだと思います。

あと、EDへの入り方が個人的にめちゃめちゃ好きです。
EDの音楽が格好良いんだけど重く切ないというか、すんごいドラマを背負っているような明るくない曲なので、ホント本編の内容によってはものすごい雰囲気でEDになだれ込んでいく感じがなんともはや。

これって原作は漫画・・・ですよね、確か。
でもって多分まだ未完の作品ですよね・・・。
ということはアニメでは当然いわゆる「完結」はしないわけで。
うう、それが非常に残念!(>_<)
(しかも公式サイトには12話までしか「STORY」のところに書いてないんですが、3ヶ月で終わりの1クールアニメ?!/涙)
・・・ま、原作が未完のものにアニメオリジナルで「終わり」を作られても微妙なことが多いので、ヘタなことになるくらいなら「以下続く」みたいな感じで終わってくれた方がいいんですけどね・・・。

ちなみにメインの出演声優さんは↓
レヴィ 豊口めぐみさん
ロック 浪川大輔さん
ダッチ 磯部勉さん
ベニー 平田広明さん
バラライカ 小山茉美さん
※話がロック視点で始まったのでロックを主人公、レヴィをヒロインと表記しました・・・が、原作ではレヴィが主人公?

浪川さんは「ターミネーター2」のジョン・コナーを演じた時から好きな人でした。
ずっと外画吹き替えのイメージばかりだったんですけど、最近アニメやらドラマCDやらでも遭遇率が高くて嬉しい。(^_^)v
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments