■記憶頼りのマンガ思い出「サイファ(正しくは英語表記)」

※記憶以上の情報を得ないよう、あえてネット検索などはしていません(笑)。なので、作品画像も意図的に無掲載です。

白泉社のマンガ。多分「LaLa」連載。
作者は成田美名子さん。

外国(多分アメリカ)が舞台。
サイファとシヴァという男の子の双子が出てきて(モデルかなんかやってたような)、主人公の女の子と"ふたりの見分けがつくようになるかどうかというゲーム"を始める。
・・・なんでそんな展開になったのかは全然覚えていません(苦笑)。
で、やがて見分けがつくようになる。
言い当てられてふたりがはっとするシーンは妙に覚えてます。

が、この後の話はかなり曖昧な記憶です。
確か・・・双子のどちらかが死んじゃったような・・・。
主人公はどちらといい感じになっていたんだっけ??

男の子の双子と女の子の3人で双子の片方が死ぬ、という条件が揃うとどうにも馴染み深かった「タッチ」が出てきちゃって、話がそちらに引っ張られて記憶が引き出せなくなるんですよね・・・(苦笑)。

あと覚えているのは、「アレクサンドライト」とかいうタイトルのスピンオフも連載していたこと。
こちらは最後の一割くらいを読んでいない、という記憶だけが鮮明です(苦笑)。

※この記事は2013年3月に書かれたものです。過去の日付を使った投稿で掲載された記事です。
※当然、書いた管理人の頭の中は2013年3月のものです。が、記事ネタ自体は使用した日付以前に発売・発表されたものに限定。

関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments