表紙絵から思うこと (最遊記RELOAD)

最遊記RELOAD (6) (ZERO-SUMコミックス)
三蔵とか柄悪いですけど(笑)、4人ワンセットでとても格好良い絵だと思います。悟空が縮んでるのがアレだけど。 黒がうまく使えている絵って素敵だなぁ。

ところで『最遊記』のように原作やアニメなどで色々な絵を沢山描かれてきた作品だと、この表紙絵もそうですが普段の衣装じゃない服装でのイラストも多いですよね。

そしてまさにこの表紙絵が具体例になりますが、背景もなくポーズを決めてカメラ目線とかになると・・・なんだかもう絵ではなく、芸能人かなんかの写真のような気がしてきます。
撮影したもの、みたいな(笑)。

アニメグッズ系は更にこの「キャラを撮影したもの」という印象に加えて「アイドルのブロマイド風」や「ヴィジュアルバンド風」や「狙った接近写真?」なんていう色がつくじゃないですか、『最遊記』に限らず。

もちろん全てを把握しているわけではないんですけど、時々見かけるだけでもアニメグッズの絵には驚かされます。たまに「えっ?!」とぶったまげます。
でも時々「やっちゃってる・・・けど、好きかも」とも(笑)。

ああいうアニメグッズやアニメ雑誌に載せるポスター絵とか記事内の絵のデザイン(内容)って、一体誰が考えて決定しているんでしょう?
"公式がおかしい!(笑)"という話をちらほら聞きますけど、もしかしたら絵の内容までは公式も把握していないなんてこともあったりして。
・・・って、『最遊記』からは話が離れましたね・・・(苦笑)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments