■ときめきメモリアル Girl's Side キャラ簡単感想 氷室&蒼樹編

大元のゲームはプレイしました。ドラマCD、歌CD等々の関連商品にもほぼ接触しました。これはその上でのキャラクターに対する個人的簡単感想(というか印象?もしくは思い入れ?)です。

ときめきメモリアル Girl’s Side Clovers’Graffiti Vol.6 氷室零一◎氷室零一(CV 子安武人)
ドラマCDから先に接触していたので、氷室先生の印象は最初からかなり良い感じでゲームをプレイしました。・・・ら、ゲームでますます好きになっちゃったよ・・・(笑)。

教え子を"そういう意味"で意識しちゃうってのは、このキャラの性格上とんでもないことだと思うんですが、その動揺を表すかのように声が裏返ったりする様や(また子安さんの演技が細かくて巧い)、無茶な言い訳(無茶過ぎます/笑)をしながらもやりたいことはちゃんとやっうちゃうあたりがまたツボで。

姫条くんがいなかったら間違いなくダントツで1番好きなキャラになってました。
生徒→先生はともかく、先生→生徒がツボっちゃうって自分的にはスゴいことでしたし、思い出深いキャラクターです。

ときめきメモリアル Girl’s Side Clovers’Graffiti Vol.7 蒼樹千晴◎蒼樹千晴(CV 森久保祥太郎)
ドラマCDでなんだかすごく印象が良くて、「姫条・氷室」は別格ですが、その次に「葉月・蒼樹」がこの作品の恋愛対象キャラの中では好きだったりします。

千晴が思いがけず↑そうなった最大の理由は、多分CVの森久保さんの演技だと思います。(*^_^*)
あのたどたどしい日本語を話す森久保さんの声が、今まで聞いてきた森久保さんの声色の中では1番好きなんです。キャラクターソングの歌声までちゃんと千晴の喋り方だし。巧い。

というか、あのキャラの性格とたどたどしさがあるからこその好感なので・・・「声」というよりは「演技」か、なんなら単に「キャラ」がツボだったのかも?
隠しキャラではなくメインキャラならもっと良かったのになぁ・・・ホント残念!
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments