■ガン×ソード 感想

ガンソード ~夢見る頃をすぎても~ (角川スニーカー文庫)7月から始まった深夜アニメ。
日経キャラクターズという雑誌で、4月の時の新作アニメ情報特集に「放送予定等が未定」と書かれつつ少し記事が載っていて、その時点から気になっていたものでした。

とはいえ実はすっっかり忘れていて(苦笑)、「7月からの新作って全然チェックしてないけれど、とりあえず新聞で【新】てついてる番組はひと通り1回は録画するか」という軽い気持ちで色々と録画していたところ、これがひっかかっていて・・・いざ見ようとした時にふっと雑誌記事のことを思い出しました。

いやぁ・・・なんかぶっちゃけると、この手のアニメは似たようなものが色々あるような気もするんですが(苦笑)。
"ロードムービーもの"と紹介されていた通り、ワケあって旅する主人公と同じくワケあってそれに強引についていくヒロインの旅のお話でございます。

・・・これ、主人公がタキシードを着ていることに、話の中で触れられるまで私はまったく気がつきませんでした(苦笑)。
EP1のタイトルが「タキシードは風に舞う」(だったかな?)だったのを「なんでこんなタイトルなんだろう?」とかぼややんと流して見てましたよ・・・。
でも言われてみればそうなんですけど、「タキシード!」という感じではないような・・・ちゃんと旅人な感じですよねえ。

ていうか、主人公のデザインが好きです。
衣装が好みでした。黒なのとか帽子とか上着の長い裾(ヒロインが主人公の暴走?を止める時にこの長い裾を引っ張った時には可愛くてどうしようかと思いました←アホ)とか。細身のひょろっとした長身キャラってのも好き。
これで髪の毛が長くて耽美キャラだと困っちゃうんですが、そのあたりはさっぱり系なので良かったです(笑)。
ヒロインとの異様な身長差もむしろ楽しい・・・。
って、このふたりの身長って一体いくつ?主人公が190くらい越えててヒロインが150もいってないとかいう極端な設定なのかなぁ。
声優さんで特に「にやりvvv」という人がいないのに、第1話を見て主人公とヒロインの「花嫁」やりとりにハマってしまい、録画していくことにしました。
ああいうやりとりって好きだなぁ・・・可愛い!(^_^)v

谷口さんが監督ということで、どことなく「スクライド」を見ているような気分にもなりました。監督さんが同じだからという思い込みもあるかもですが、テンポとか同系な感じ。変な個性を持つ敵キャラとかも「スクライド」を思い出します(笑)。
主人公とヒロインの年の差とかもタブる要素かも?
↑主人公とヒロインの正確な年齢がわからないのでアレなんですが、年齢差的には「スクライド」と同じかそれ以上かもって感じなので。

なんかもうとにかくこのふたりが今後どうなっていくのかがすごく楽しみなアニメです。多分思う通りにはいかないとは思うけど(苦笑)、それなりに楽しいシーンとかもあるんじゃないかな~と期待。
第1話でロボットみたいなものまで出てきてびっくりしましたが、7月放映開始アニメでは今のところ1番見ていて楽しいです。
・・・本編ではまだ判明してませんが、タキシードを着ている理由ってのが「結婚式の日に花嫁を殺されたから」(現在その仇を追っているところ)らしいので、そのあたりがわかった時のヒロインの反応とかもベタに期待してます(にやり)。

あ。
予告のやり方が好きです。
全て過去形で、ヒロインが「旅を振り返ってひとつひとつエピソードを(視聴者に)話してくれている」みたいな感じなのが、アニメの予告ではなんだか個人的には新鮮でございました。
と、その前に。EDの画が好みな感じでした。
ああいう1枚絵が何枚か続いて構成されるEDって雰囲気があって好きなんです。静かな感じが「終わりだよ」という感じで。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments