■BLEACH ざっくり感想

BLEACH ジャンプアニメツアー 2004&2005 [DVD]原作は読んでいません。
作者の方は前作(なのかな?)の「ゾンビパウダー」で知っていたので、アニメ化するという話を聞いて「見てみるか」と軽い気持ちで見始めました。けっこう好きだったんですよ、「ゾンビパウダー」

で。

現時点で言えることは。
出てくる数多いキャラと、その関係性にドツボがありまくり~(>_<)!!!

最初は「続けて見ていこう」「DVDに録画してこう」とは思いつつ、そんなに自分好みの引力を感じてはいなかったんですが、回を重ねて登場人物が増えていくにつれ、段々じわじわとツボを押され始めました。

そうして気がつけば、現在とても好きなアニメのひとつになっております。
主題歌・OSTなどの音楽系も好きな曲調が多いし、色んな演出の仕方とかがスタイリッシュ(初代OPはまるでPVのようだったし)でカッコいいのも好感度が高かったので、それに加えてハマってしまったので楽しいったらないです(笑)。

声優さんも、気づけば凄いメンツが揃っていておいしいし!
(やっぱりそこも重要)

追々細かい感想も書いていきたいなぁとは思っております。
どのキャラが好きだとか、誰と誰の関係が好きだとか・・・。あくまでアニメ版のものしか扱えませんけど。

っていうか、5月頃に放映された回でのルキアと一護のエピソードがドツボでした・・・っ!(^O^)/
物理的には離れているのに、近くに存在がある感じが~!
ああいうタイプのキャラのふたりが、ああいう感じになっているだけでも大好きなんですけど!ホントにこのふたりがどうにかなったら、恋愛的には相当ツボな組み合わせなんだけどなぁ・・・。ウフフ(落ち着け)。

恋愛とか絡むのは当然楽しいんですけど、友情・家族愛等々そういうのが描かれると弱い私は「そういうの」が色んなところに散らばっているこの作品がとても好きです。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments