マージーかー!!!!ヽ(*'∀`*)ノ



昨夜、情報を知った時には心底驚きました。

最遊記、5回目のTVアニメ化決定!!!
使われるエピソードは『Even a worm』です!!


ブログでも何度か書いていると思うんですが、『Even a worm』はその序盤をアニメ第3期「最遊記RELOAD GUNLOCK」で使われたものの、半分以上はアニメオリジナルの内容になり、その最後もアニオリで終了。

そして久々のTVアニメとなった第4期「最遊記RELOAD BLAST」では『Even a worm』の後の話から始まりました。ついでに言えば、一迅社から発売されていたドラマCDシリーズでも『Even a worm』は途中(5枚)で止まっています。※私の把握があっていれば。

で、私はこのエピソードの後半がアニメにもならず、オーディオドラマにもなっていないのがすごく残念でした。このエピソードのラストの某キャラとの戦い、超見たい(聞きたい)ので。

なんですけど、アニメの方はどういう形であれこのエピソードは消費されたものとして扱われているんだろうと、「最遊記RELOAD BLAST」を見た時に思ったので、まぁもう無理なんだろうと思ってました。オーディオドラマの方も発売が止まってから久しいので、今更再開も難しいだろうとも。(「最遊記RELOAD BLAST」の時に再始動しないかなとちょっと期待はした。)

なのに、ここにきて、『Even a worm』をアニメ化!マジですか!!!

タイトルは「最遊記RELOAD -ZEROIN-」で、峰倉さんによる命名だそうです。・・・もうずっとブログ(2018年9月が最後)もTwitter(2019年6月が最後)も更新されていなかったので、その存在が久々に見えて本当にホッとしました。といっても、この情報解禁のタイミングでもブログもTwitterも動かないので、何かあるんだとは思いますけど(涙)。

「最遊記RELOAD GUNLOCK」で描かれた"ヘイゼルとガトが出てくるエピソード"とは別物として、改めて原作通りにアニメ化されるなんてすごいなぁ。見たい(聞きたい)シーンがてんこ盛りです。ヘイゼルとガトもキャスト続行だといい。

放送時期は発表されていませんけど、PVの中身の濃さや"連載二十五周年"と表示されることを踏まえると、年内ではないかと。話数は『Even a worm』だけに絞るなら3ヶ月で12話でしょうか(ソフトは全4巻で販売)。1話はまた入り口としてアニオリになるかもしれないですね。最後にヘイゼルとガトが出てきて続く、みたいな。

もちろん、オリジナル混ぜての半年アニメでもどんとこいですが、その可能性はかなり低いと思います(苦笑)。逆に12話より短い・・・なんてことは話の長さからしてもないとは思いますけど(同じ作者さんの作品で過去に3話のTVアニメもあった)、そんな情報がきたら不安度が上がるだけだ・・・駆け足になるってことですから。もしくは『覇穹 封神演義』のような構成か。

アニメ制作はライデンフィルムさん。最遊記では初のところです。wikiで見ると、これまで見たことがあるアニメとしては個人的には「アルスラーン戦記」「レイトン ミステリー探偵社 〜カトリーのナゾトキファイル〜」「真夜中のオカルト公務員」「啄木鳥探偵處」などがあります。今期始まった「はたらく細胞BLACK」もそうですね。(「はたらく細胞」の方は違うらしい)

あ、劇場版の「頭文字D」の三部作もそうなのか。物凄く綺麗で激しく動いても崩れないスゴいアニメを作るという印象もないですけど、逆にこれはないわ~というレベルのものを見たこともない気がするので、これまでのアニメ化作品より大きく悪くなることはないかな?

まぁとにもかくにも嬉しいです。今から楽しみです。声優さん達の演技に超期待してます。ソフト、買います。前作「最遊記RELOAD BLAST」の時のように関連商品としてドラマCDが出ても、買います。キャラソンやってくれないかなー(夢)。買います。

今年の楽しみがひとつ出来ました!! ワァ───ヽ(*゚∀゚*)ノ───イ
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments