■クリミナル・マインド 第1シーズン 第2話 感想


出演者:マンディ・パティンキン、 トーマス・ギブソン、
ローラ・グラウディーニ、 シェマー・ムーア、 マスー・グレイ・ギュプラー、 A・J・クック、 カーステン・ヴァングスネス
収録時間:86分
レンタル開始日:2008-08-06

Story
詳細な観察と膨大なデータに基づき、凶悪事件の犯人像をプロファイリングするFBIのエリートチーム・行動分析課の活躍を描く人気TVシリーズの第1シーズン第1巻。シアトルで女性誘拐、殺害事件が起こり、BAUに捜査の要請がかかる。第1話と第2話を収録。
(C)ABC Studios and CBS Studios,Inc. (詳細はこちら

※管理人は現在、第6シーズンを見ている最中です。


■第2話(通算2話)『キャンパス連続放火犯 (Compulsion)』

▼今回の事件関連
前回からの続きで描かれたとある事件。
"これまでのあらすじ"で前回にあった伏線がもう一度出てきますが、改めて考えるとプロファイルって凄い。実際、こんなにも的中するんですかね。びっくりだ。

この事件は結局、リアルタイムでは解決されません。すぐに過去のものとしてドラマ内で扱われます。事件が無事に解決したことは分かるんですが、経緯明かしは引っ張ってくれます。私は地味にやきもきしました(苦笑)。

で、メインの事件はタイトルの通り"火を使った犯罪"です。
火が絡む事件て時々出てきますが、火って本当に怖い。どんなに計算していたとしても、些細なことで放火した側にも凶器と成り得るのだから、それを武器に使おうとする心理が謎・・・。でも犯人の部屋や言動のギリギリっぷりを見ると、もう火の怖さとかそういうのは一切関係ないんだろうな。(- -;)

生理学的な問題から"放火したい"ではなく"放火せずにはいられない"状態になってるって、しかも本人も苦悩しながらなんて、今回の犯人は痛々しいです。
この話で「放火犯の統計/82%は17~27歳の白人男性。女性はまれで動機は復讐が多い」というのを知りました。これって日本も傾向は同じなんでしょうか?

もしや事件の犯人か?みたいな雰囲気で出てきていた学生のオチにびっくり。
しかもそれがヒントになってギデオンが閃きます。
事件に巻き込まれた学生達は今後エレベーターに乗れないんじゃ・・・。トラウマで。

事件関係者で、後にBAU(FBI?)側でサブレギュラーになるストラウスの声をやることになる野沢由香里さんが登場(私の中では「CSI:NY」のステラの印象がダントツ)。
大学生役には千葉進歩さんもいます。

そして事件関係じゃないですが、ギデオンがカロンのことに気づくまでのシーンの冒頭に流れていたBGMがツボでした。
元々好きなメインテーマの旋律だったんですが、さわ~っと静かに流れる感じが良くて。そういえばサントラってCDで発売されているんですかね?

▼リード
全体的に吹き替えの口調の方が好きです。
「何学ぶの?」(吹き替え)/「何を?」(字幕)・・・とか。

この頃から既に仲間からデータボックス扱いされてます(笑)。
聞かれたことに迷いなく答えるし、誰も疑わない信頼度の高さがスゴい。

森久保祥太郎さんの声は第1話よりは少し明るくなったけれど、それでもまだ低く淡々&もごもご気味です。今後の変化を先に知っているので、なんだか面白い。

エルが推測した犯人像が自分にも当てはまるみたいな顔してましたね・・・(苦笑)。"心を病んでいる"という条件が違うからって安心してぎこちなく笑うし。

しかしリードのしている大きなサングラス、アレはどうなんですか。オシャレなんですかね?髪型も合わせて遠い昔を思い出すのは私だけ?(笑)

人前でテンパって喋りまくるシーンがあって、それ自体はらしい気がしますが、よく考えると警察の人達の前でプロファイルを話す時は平気ですよね。喋るべきことが決まってるから、とか?

喋る時のそわそわと落ち着かない両手や指の動き、逆に相手に話され出すと組んでしまう腕、他にもエレベーターの中で学生の話を彼の背後で聞きながらうんうんと頷いている仕草がかわいい。モーガンとガルシアのやり取りに自分の名前を出されて「んん?!」と反応しているのもかわいかった。

エルに渡された食事(サラダ?)を「これ嫌い」って呟いて投げ出すって。しかもみんなが手掛かりを掴んだからとプロファイルし合ってる最中に。
時々ホント子供だ。かわいいけど!(笑)

今回はラスト付近で活躍します。
真面目にギデオンに言われた「常識からの脱却」を考えるところとかいいよなぁ。ギデオンが「考え続けろ。チェスと同じだ。次の手じゃなく三手先まで読め」と告げるのも、見込みがあるからなんでしょうねえ。

ラスト、ギデオンとのチェスで勝てると思って、ギデオンからも「悪くない」と言われた時の得意気な顔から一転、負けると分かった時の顔ったらもう。「ヘコむな。上達してる」とギデオンに言われても、めちゃくちゃ不満そう(笑)。
・・・だからかわいいんだよ、リード!(≧▽≦)

▼ホッチ
リードとふたりで事件現場でプロファイルをしますが、こういう掛け合いは格好良いですねえ。頭が良い人同士じゃないと成立しないだろうし。

そういえば、ホッチは吹き替えと字幕では威圧感(笑)が変わるように思います。
「リード。年が近いんだから、お前から話してくれ」(吹き替え)
「リード。年が近い。お前から話せ」(字幕)
・・・あ、第2話ではリードのことを"君"ではなく"お前"って呼んでますね。

学生の話を聞くリード(学生が難しい話を持ち出してその説明を始めた時)をちら見するのがおかしかったです。リードみたいな学生だなと思ったのかな(笑)。

リードが発見した手掛かりから自分の記憶を大した時間もかけずに引き出すところはさすが。それで犯人が判明。
最後、その犯人と対峙するのもホッチです。病気のことを知っていても状況を優先して容赦はないですが。これもホッチだなぁと思いますね、今見るとしみじみと。

▼モーガン
ガルシアともエルとも仲良し。慣れた感じが男前です。
・・・って、書き終えてみたらこれだけ?(笑)

▼ギデオン
天才のリードが驚くチェスの先の手が読めるってどんだけ。
モーガンは「常識からの脱却」がギデオンには出来てリードには出来ないから勝てないんだ的なことを言ってましたが、チェスってそういうもの??って、リードはまぁ別格だけど、きっと他のみんなも頭が良いんだろうな、BAUは。

「想定外のものが出た時は先入観は邪魔だ」
プロファイルに限らず、先入観て影響力が半端ないですよね・・・。

ホッチ達に「キャンパスに溶け込むんだ」と言った後、スーツやらサングラスやらなメンバーを一瞥して「まあ出来る範囲でいいから」と言ったりするギデオンが好き(笑)。

犯人の仕掛けに気づいてからの行動がめっちゃ格好良かったです。
若くないのにすんごいアグレッシブだったし、モーガンに止められるまで人を必死に助けようとする姿が素敵。

リードに「時にはクリエイティブになって、絶対有り得ないと思われることまで考えなきゃいけないぞ」と言いますが、それで犯人の吃音のことを当てるって・・・スゴい。

ラストの格言はまたギデオンが言いました。
「同世代や過去の人間に勝ろうとするのは無駄なこと。今の己に勝れ」
毎度いい格言を引用しますよねえ。

▼ガルシア
まだ今から比べると服装が地味だなぁ(笑)。
そして今回も出番は少ない・・・。

▼JJ
初登場から多忙そう。
なんとなく初登場時の服装が今のイメージと合わない・・・(笑)。
声優の園崎未恵さんの声もなんだか高い気が。
ホッチに「あれ見た?」と言ってました(字幕でも「見た?」)が、フランクだなぁ。
出番は少ないです。

▼エル
ストレートの髪の方が似合うと思う。
ホッチがギデオンを「ジェイソン」と呼ぶのはまだしも、エルがそう呼んだのにはちょっとびっくり。
向こうの方々の、周囲の人に対する口調や呼び方の法則がいまいちよく分からない・・・。

・・・迷いはありますが、自分が書けなくなるまで好きに書いてみることにしました。
長くても(苦笑)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments