■整理整頓中に懐かしい漫画が出てきたり、思い出したり。

地球の王様 (花とゆめコミックス)【地球の王様】
主人公カップル大好きでした。ボーイッシュな女の子と超美形で女に極甘で女たらしの男の子の幼馴染みカップル。
↑こういうタイプの男の子キャラが「たったひとりにだけ物凄く一途な想いを持っている」っていう設定は当時からドツボでした。今でも十分楽しい・・・(笑)。
今だったら普通にドラマCD(付録や全サ含めて)とかになっていそうで、そしてそうであればむちゃくちゃ聞いてみたかった作品です。

ピグマリオ (1) (MFコミックス)【ピグマリオ】
色々好きでした。ギルガドールとか!(そこかい)
やはりここでも主人公カップル(大きなオリエとの関係も好きでしたけどやっぱり小さなオリエの方がツボだった)が可愛くて好きでした。
この作品・・・念願のアニメ化が叶った作品だったんですけど、原作が未完で追いついたからとかそういう事情じゃないところで途中で放送が終わってしまいました(涙)。
ユリウスの声が子安武人さんだったんですよね、確か。

フルーツ果汁100% 1 (白泉社文庫)【フルーツ果汁100%】
うわー・・・なんっって眩しい・・・(笑)。
絵柄もキャラクターもエピソードも、全てが少女漫画の綺麗なところを詰め込んだようにキラキラしていたイメージが強いです。
連載当時には読んでいませんが、読んだのはもうかなり昔のこと。今読んだら眩し過ぎて切なくなるんじゃないだろうか・・・。
この当時の岡野さんの絵が今思えば1番好きだったかも。

緑野原幻想 (白泉社文庫)緑野原少年 (白泉社文庫)【緑野原学園シリーズ】
・・・これ、今どうなってるんでしょう・・・?
確か私の中でこのシリーズの「最新」で「最後」は『青い銀河の夜明け』だったと思います。
けっこうここにくるまでにも長い時間がかかっていて、このあたりの星野さんの絵柄が私の知る限りでは1番好きでした。時間と共にすごく絵が変わっていった人でしたから。
ネットで調べれば多分何か情報が得られるとは思いますが・・・ううむ。
ちなみにOVAとかちゃっかりレンタルして見てました。山口勝平さんと関俊彦さんが主演だったし、OPがスゴく好きでこのOVAの音楽関係が収録されたCDアルバムは今でも好きな曲や歌が多いです。

おそろしくて言えない (第1巻) (白泉社文庫)【おそろしくて言えない】
コマの中の細かいところまで全部読み込むのが好きでした(桑田さんの漫画はみんなそんな印象ですが)。
それまで見てきたいわゆる“少女漫画”とは絵柄や物語が色々と違っていて、個人的には新鮮で面白かったです。
随分後になってドラマも入ったイメージアルバムのようなものを聞く機会がありました。緑川光さんと塩沢兼人さん、ぴったり・・・(笑)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments