■子安武人 | BALLAD

Sound Story BALLAD ドラマCD バラッド子安さんは森川智之さんと双子役で共演。
ふたりでバンドをやり、超売れていて、子安さんはヴォーカルという設定です。

話はシリアスで、子安さんのキャラはプロデビューが決まった時に会社との契約条件で「唄うだけ」しか許されていない現状に限界を感じてヤケ気味になっています。

昔はギターもやって歌詞を書いたりもしていたのに、今の自分はアーティストじゃないと悩み中。ドラマは「歌に気持ちがこもってない」と森川さんキャラに責められたことをきっかけに子安さんキャラが抱えていた思いを吐露し、そして・・・といった流れです。

子安さんは物凄く男前な声ではなく、普通にカッコいいんだろうなぁという感じのキャラをさらっとした声で演じています。
ラスト数分の森川さんとの会話の声や喋り方はかなりツボでした。
会話の中身やテンポそのものも好きなんですけど。
こういう強烈な色がついていないキャラを演じる子安さんの声も好きだなぁ。

「これからもずっと。死ぬまで変わらない。」
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments