■あとどのくらい黒バス(アニメ)の青峰を楽しめるか考えてみた。

黒子のバスケ カプセルラバーマスコットvol.2 青峰大輝 (単品) バンダイ ガチャガチャタイトル通りの中身です(笑)。
正確には「アニメの青峰+諏訪部順一さん演じる青峰(ドラマCDやキャラソンなど)をあとどれだけ楽しめるか」ですが。

確定しているのは、今のところ以下のもの。
・ウィンターカップ総集編3部作
・新作映画 (EXTRA GAME)

ウィンターカップ総集編の第1弾(2016年9月3日~16日の期間限定イベント上映)は公式サイトのメインビジュアルやタイトル"影と光"から、間違いなくガッツリ登場。ていうか黒子、火神の次のメインだと思われ。
そしてTVシリーズの総集編なら、第2弾と第3弾も全く出ないことはないと予測されます。出番量は激減すると思いますけど。

で、情報が何も出ていないので、総集編は完全にTVアニメの総集編であって、声だけ新規録音とかってことはないよね・・・。そうだったら小躍りしますが(笑)。

なので、やはり期待度が高いのは来年公開予定の新作映画。「EXTRA GAME」はきちんと読んでいませんが、大体の内容はネットで分かっちゃっているので青峰の出番はけっこう期待してもよさそうです。わーい。

と、ここまでは(ほぼ)確定事項ですが、以下はそうだったらいいなという個人的な願望です。一応これまでの黒バスアニメの動向を踏まえた願望なので、何かひとつくらいは叶うんじゃないかと思ってる(笑)。

・ウィンターカップ総集編第1弾のDVDの初回特典にCDがつく。
これまで発売されたアニメのDVDは、1st SEASON 第1巻以外は全て(多分)初回限定版にはCDがついてました。中身はミニドラマとキャストコメントとキャラソン。
総集編第1弾の初回特典で同じようなCDがついたらいいなぁ。
『セイシュンTIP-OFF!!』の青峰&黒子(中学生ver.)が制作される最後のチャンスじゃなかろうか。超聞きたい。

理想は、ミニドラマが火神と黒子と青峰メインのもの or 中学生時代の青峰と黒子がメインのもの+『セイシュンTIP-OFF!!』の青峰&黒子(中学生ver.)でしょうか。こんな特典だったら確実に買います。予約します。

・新作映画のDVDの初回特典にCDがつく。
こちらは登場キャラが多そうですし、新規キャラもいるし、逆に↑よりも青峰絡みの特典が期待出来るかどうか不安なんですが(苦笑)、絡んでくれるといいなぁと思います。
おそらく最初で最後の完全新作の劇場版になると思うので、お祭り的な特典がつくとありがたい。代わりに値段が上がりそうですけど(汗)。

・新作映画の公開時期にCDが出る。
ウィンターカップ総集編3部作の時にはさすがにないだろうなーと思いますが(あればもちろん嬉しい)、この時だったらもしかするともしかするかもしれないと期待。
主題歌CD(GRANRODEOとOLDCODEXかな?)とは別にフルドラマCDとかキャラソンCDとか・・・。と、書きつつこちらに関しては実はあまり期待してません。

フルドラマCDはアニメ第一期の時に2枚、第二期に1枚、第三期は0枚でしたし(涙)。
キャラソンCDも"これまでの流れ的に出さなきゃどうなの?"というところは最低限押さえて、第三期までの間にそこそこの数が発売されましたけど、発売数の勢いは最初に比べるとがくんと落ちた印象が・・・。
なので、何もないかもしれない気がしないでもない(苦笑)。

でもそれでも願望としては、
・新作映画の時間軸(直前でも最中の隙間でもその後でもなんでも)でのフルドラマCD。キセキの世代+火神が出てくるもの。
・VORPAL SWORDS (キセキの世代+火神)でキャラソンCD。キセキの世代の『REGAL GENERATION』のようなシングルが出たら最高。
↑あたりが強いですね。心の片隅で期待してます(笑)。

そういえば新作にはナッシュ・ゴールド・Jrとジェイソン・シルバーという敵対チームでのメインキャラが登場するようですが、このふたりはどう扱われるんだろう・・・。キャラソンCDのソロシリーズかデュエットシリーズに参加しちゃったりして。
って、ソロシリーズは赤司、デュエットシリーズは黒子&火神が現時点でのラストにきて綺麗にまとまっている感じなので、その後にはないかもなぁ。
・・・特典CDでゴールド&シルバーの『セイシュンTIP-OFF!!』がきたら面白そう(笑)。

ていうかゴールドとシルバーの声優さんが誰になるのかも気になるところです。どちらもキャラが色々と強烈なようですが、それはそれで好感度の高い声優さんが配役されるとある意味聞きがいがありそうな・・・櫻井孝宏さんとか関智一さんとかこないかな!

そんなわけで記事の2/3は単なる願望話でした。
タイトルの答えを出すとすれば、"2017年公開の映画のDVDが発売されるまでは楽しめる。どう楽しめるかはまだ未知数"でしょうか。考えるまでもなく最初から分かっている結論ですが、色々と考えて(妄想して)みたかったので満足です(笑)。
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments