■「しーしーしー。」 (関俊彦さん)

ザ・リング [DVD]え~・・・記事のタイトルがアヤシイですが(苦笑)。

これはつい先日テレビで放映された「ザ・リング(海外リメイク版の方)」のワンシーンで私がちょっとときめいた台詞でございます。アホです(爆)。

正確には台詞の内容や状況にではなく、言っている方の声にちょっとときめいちゃいました(笑)。

ちなみにどういう場面かというと、日本版でいう貞子にあたる人物のサマラという子の実家に主人公の女性が行き、そこであることが起こって主人公がパニクった時に現れた元旦那(子供の父親とは言ってたけど結婚してたんだっけか・・・?←いい加減)が彼女を落ち着かせる為に言ったもの。
「しーしーしー。」(字で書くとなんて間抜けなんでしょう/笑)。

吹き替えは関俊彦さん。
っていうか、この方だったから「カッコいい~(#^.^#)」とか思っちゃったんですけども(単純)。この吹き替え自体がけっこう好きなトーンの声だったので全体的に聞いていて楽しかったんですが、ココは特に良かった!
なんでかわかんないですが、ときめきましたよ!(本気)

意外と聞けるようで聞けないような・・・というか、その前にあったところであんまり意識しないだけかもしれない。
「しーしーしー。」なんていう仕草(言葉・・・じゃないですよね)は。
好きな声優さんだとこうまで意識が違うか、自分(苦笑)。

ダウン DOWN~スペシャル・エディション~ [DVD]先週は2回も新作で(もうひとつは「ダウン」)関俊さんの吹き替えが聞けたので非常に幸せでしたvv
集中する時はするもんですねえ。

 *****

関俊さんと関係ないところだと、やはりサマラやってた堀江由衣さんと主人公の子役の大谷育江さん。

堀江さんなんてちょっと歌ってましたよね、劇中で。出番は少なかったけど、とても好きな女性声優さんなのでかなり注目して聞いてました。
でもあれって・・・最後のオチの前の時点で呪いが解けたってことですっきりしてたら、堀江サマラのあの暗い可愛いさがもっと活きたような気がするなぁとか個人的には思いました。あそこで終わっていたらすんごく切なくて可哀相だから、サマラが。

大谷さんが演じていた息子は・・・日本版ではどうだったのか記憶が曖昧なんですが、あんなに息子って怖かったですっけ??
最初見た時、「オーメン」かと思いました(苦笑)。
↑私もまともに見たことのない映画なんですが、わかる人だけわかって下さい・・・。

サマラではなく彼が中心となってなんか起こしても全然おかしくないくらい妖しかったんですけど~!(>_<)
しかも最後まであんな感じで・・・。
大谷さんの演技が良かったので余計に怖かったよう・・・。
ワンピースのチョッパーやってる人とは思えない暗さ・・・(笑)。
堀江さん同様可愛い声なのに暗くて、逆にそこが怖さに繋がっている感じでした。

改めて。
声優さんはスゴイなぁ!
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments