■臨床犯罪学者 火村英生の推理 | 火村英生 感想

臨床犯罪学者 火村英生の推理(DVD-BOX)【前提】
原作は未読。コミック版は「朱色の研究」だけ既読。
ドラマCDを13枚(本編CD7枚と特典CD6枚)聞いています。ので、ドラマCDの話が絡みます。ちなみにドラマCDとドラマで被ったエピソードは「絶叫城殺人事件」と「ロジカル・デスゲーム」のふたつ。火村役は神谷浩史さん。

主演の斎藤工さんのドラマを見るのはこれが初めてになります。


火村英生


ドラマCDを聞いて既にイメージが出来上がっていた為(コミックはドラマを見始めてから)、最初は戸惑いました(笑)。
なんか、すっごい、変人(公式サイトのイントロダクションのところには"かなりヤバそうな男"と書かれてます)になってる…!しかもドス黒い闇を抱えてるらしい。

ドラマCDを聞く限りでは、火村はそこまで変人という印象ではなく、闇を抱えているような描写も全く無かったので(寧ろアリスの方が闇ではないですが色々と明るくないことも考えてた)、一体どこまでがドラマ用に脚色されているんだろうかと思いました。

「この犯罪は美しくない」はドラマなら欲しいよね、決め台詞!と妙に納得。←原作で頻繁に使っているのなら、13本のエピソードが存在するドラマCDに1度も出てこないのはさすがに無いだろうと思った(笑)。

で、ちょっと気になったのですぐに読めそうなコミック版を読んでみることに。
そうすると、ドラマ用の脚色部分が何となく分かりました。
うん、けっこう違うと思うよ!(笑)

ドラマは原作にある要素を膨らまして拡大解釈をしつつ、そこに新たな設定も付け加えて独自のキャラに持っていった感じというか。青が赤になったわけじゃなく、青に赤を混ぜて紫にしちゃったみたいな。←なんだろうこの説明・・・。

でも、私はこの火村英生がキライじゃないです。ドラマCDで聞いていた火村と同じキャラだとは思えませんが(苦笑)、切り離して見ればこれはこれでありかなぁと。

アリスとセットだと面白可愛いし!ドラマCDよりも親しそうな人が多い(増えた)のも個人的には良かったです。アリスと時絵さんは仲間が増えても別格だろうけど。ドラマCDではふたり以外に火村に近づけた人はいなかった・・・。

斎藤工さんの顔は思っていたよりもずっと好みのラインで、特に左向きの顔がいいなぁと思いながら見てました。ていうか、声!良い声だな、あなた!
(ふとしたことで斎藤さんが昔テニミュで忍足を演じていたと知って物凄く納得した。)
聞いてると心地良い。朗読とかされたら眠れる気がする。

顔、声ときたので次は格好ですが、背が高い(184cmらしい)のは大変おいしい要素ですね。けど、全体を見ちゃうと気になってしょうがないのがコート。
大きいよね?ブカブカだよね?ファッション関係はさっぱりだけど、これってどうなの?いや、キライじゃないけど。気にはなる(笑)。

頭のモジャモジャは、元々火村のビジュアルイメージが弱かった(ドラマCDのジャケットのイラストは分かってますが音ばかりに接触していて脳内で直結してない)ので、何とも思いませんでした。前髪邪魔そう・・・とは思いましたけど、これはもうアリスの方が気になった(笑)。

以下、簡単なドラマ感想(火村英生)まとめ。

・全話通して。アリスとのやりとりが可愛い。距離感が近い。仲良過ぎ(笑)。
こうまとめて書くだけでなんシーン分ひっくるめたことになるんだろうっていう・・・。
・時絵さんや愛猫モモへの態度も好きです。時絵さんには紳士でモモへはベタ甘。
・他のメインメンバーとのやりとりもなんだかんだ楽しかった。

・講義の喋り方はもっとハッキリしゃっきりした方がいいんじゃないのか准教授。7話での謎解きの時みたいに。良い声だけど!良い声だからアレだと眠くなると思います。
・事件現場で火村にだけ視えているらしいもの。一番気になったのは赤いもやもや。
・スマホを持っているのに、スマホに連絡がきたこともあったのに、下宿の黒電話に夜遅く警察からの連絡がくる謎。そして自分がとる気は一切なさそうな火村(笑)。

・「花丸をあげましょう」+小さい拍手。
・「ブラボー!!」+大きな拍手。
・「ミスター脚立いらずやなぁ!」→無言で右手だけガッツポーズ。

・1話で犯人を指差しながら言い放った言葉。
「それは不運なアクシデントだ。交通事故と罰はなんの関係もない。」
・2話で犯人に真正面から告げた言葉。
「自首はするな。」
・5話で犯人にテレパス(してたよね、あれ・・・)しちゃった言葉。
「バカだよ。彼女が鍵を落としたと騒いだ日にやってしまえばよかったんだ。」
・7話で犯人にまるでアドバイスのように言った言葉。
「全てを嘘にするな。真実を伝える最後のチャンスだ。」

・7話前半の情緒不安定さは一体・・・。
諸星と接見したからなんだろうけど、一度で悪い影響受け過ぎじゃないか火村。
・9話での告白("向こう側"にいった人間に対する宣言)は良かった。悪夢や現場でトリップしちゃうシーンがもうちょっと少なかったらもっと良かった(苦笑)。
・10話後半で一度アリスにあそこまで言われていた上で、再度アリスを置いてひとりで行ったのはいただけない。視聴者も騙すような形で実はアリスも同行させて、かつ、アリスが大いに役立つような展開だったら良かったのになぁ。



ドラマ全体の感想としては、正直、シャングリラ十字軍のアレコレが無かった方がおそらく楽しめたっぽいのがどうなんだろうと自分でも思います(苦笑)。
火村をホームズ、アリスをワトソン、諸星をモリアーティ+アイリーンにしたかったのかなぁとは思いますが、色々無理があったような。

シャングリラ十字軍がどういう組織で(革命って結局何をすることなの?)どれだけ社会に対しての力があるかなど、そういう部分の描写が弱くてよく分からなかったことが最大の問題だと思います。
諸星のようなキャラクターを出して(どうやら原作にはいないオリジナルキャラクターらしい)火村に執着させるのは別にいいと思うんですけど、あやふやな感じのシャングリラ十字軍を出してリーダーにしちゃう必要はなかったんじゃ・・・。

諸星が本格的に絡み出した9話、アリスをさらうのはともかく、さらったからにはきちっとやってくれよという展開でびっくりしましたよ。

火村→アリスにかけた電話に諸星が出たので事態を察知。アリスのマンションへ行き、事実であることをほぼ確認。そこに諸星からアリスの電話経由で現在のアリスの写真が届く。それを警察へ持って行って居場所を調べてくれと依頼。居場所が分かるまで警察で待機。判明したので警察と一緒に駆けつける。・・・諸星が暗号でも出して、それを火村が解いてアリスを助けに行く展開とかにしようよ!(涙)

諸星→自ら火村にアリスの居場所が分かるように仕向け、1時間以内には来るだろうと予想もしていて、なのにその最中に仲間うちのテストとかやっちゃって、結局はアリスに何もしないであっさり解放。
何がしたかったんだ・・・というか、言っていたやりたいことをやらなくて良かったの?やるチャンスは十分にあったよね?気が変わったならそういう描写下さい(苦笑)。

最終回(10話)も、諸星が色々やらかすのはいいんですけど、アリスが完全に外側にいて置いてけぼりになっていたことがすっごく残念でした。
最終回だからこそアリスをもっと事件に絡めないとダメじゃん・・・。推理する能力は無くても、アリスが火村を何かしら救うシーンがあっても良かったと思います。かよわいヒロインならまだしも、同じボートに乗る相棒であるならば、明確に行動で火村を助けることになる展開が見たかった。

・・・って、シャングリラ十字軍絡みの展開が最初から苦手だったのにそこが物語のラストにきちゃったので(くるとは分かっていたけど)、ドラマ全体の感想を書こうとするとどうにもこういう感じになっちゃいます(苦笑)。好きな人には申し訳ない。(^^;)
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments