■超久々に「グレムリン」を見た。

グレムリン [DVD]お正月に何故だか「グレムリン」を見ることになりました。
かなり久々です。前回いつ見たかなんて全く覚えてない!(笑)

以下、箇条書きでの感想。

関俊彦さんが主演俳優さんの声だったことは覚えてた。
その関俊さんの声が若くて、役柄もあってか爽やかで瑞々しい演技で逆に新鮮だった。

記憶の中にあった展開が、内容は合っていたけどその発動時期がけっこうズレていてびっくり。
記憶の中にあった展開よりもブラックな方向にぶっ飛んでいてびっくり。色々アレになっちゃった人達のその後が分からないけど大丈夫なのか。続編見たら何か分かるんだっけ?

続編もその昔見ているハズだが、覚えているのは"現代的なビルの中で大騒ぎ"くらい。1よりも曖昧な記憶(苦笑)。ギズモが最終的にどうなったのか思い出せない・・・。
主人公(1と同じ人物)の元に再び来て、そこから一緒に暮らすような終わり・・・だったら萌えるんですが。

ギズモの出番ってこんなに少なかったっけ。なかなか出てこなかったなぁ。
そして出番以上に活躍・・・もっとしているものかと。

「ギズモ、うんこ!」が無かったけど、ソフト版だから?

最後の方で「(ギズモの)言葉が解るの?」と驚いていた主人公。
え、ギズモ、ちょっとだけど喋ってたよね?→調べてみたら元々ギズモは喋らない設定で、字幕版ではセリフはないらしい。→喋ったギズモはめっちゃ可愛かったけど言葉うんぬんのやりとりを変えないならやっちゃダメなんじゃ・・・。

続編も見たくなって試しに調べてみたら、評価が微妙みたいですね(笑)。

メインテーマ?曲はやっぱり面白い。忘れない。しばらく頭の中でリピート。
当時のサントラを久々に聞いてみた。今聞いてもけっこう好きです。ちなみにレコード→カセットテープ→MD→mp3になって手元にあります。

なんだかんだで楽しめました。この頃に見た映画は思い出深いものばかりなので、いつか他のものも見てみたいです。「グーニーズ」とか!
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments