■アニメ「花咲ける青少年」第14話 感想

花咲ける青少年VOL.5 [DVD]第14話「ぬくもり」

思い出せる順番に簡単感想(主に声優さん絡み)。

カール・・・・・・なんかカッコいい!
原作で見ていた時よりもずっと男前な感じがするのは(笑)、福山潤さんの声のトーンと演技の仕方かもしれない。
漫画では残念ながらハマらなかったカールですが、アニメではなんだか「これからこの人どう絡むんだろ?」とわくわくする感じだなぁ。
↑展開知ってるくせに(笑)。

あ。確認してないので自信ないんですが、カールが花鹿にローゼンタールとバーンズワースの関係について話すシーンが丸ごとカットされていたような・・・?
ナジェイラをなんとかラストに出したくてさっくり切られたような印象が(苦笑)。

確かカールの態度が変わったことに花鹿は戸惑うけど、どうしたんだって聞いてましたよね原作では。で、カールも少し考えて「君が知らないのはフェアじゃない」的なことを言って説明を始めた・・・・・・ハズ。
何気に色々と重要なシーンですよねえ。
なので多分、丸ごとどこかに挿入されるんじゃないかと思いました。
カールなシーンは原作通りでもそう多くはないし、是非!

次に思い出すのはセズン&ノエイ・・・。
なんでしょう・・・見ていてちょっと恥ずかしくなっちゃったよ・・・(笑)。
最新作でノエイさんが結婚して子持ちにまでなってなかったら色々と疑いたくなるような雰囲気満々のシーンでした。

セズンの入野自由くん(千と千尋のハクで認識したのでスゴく若い印象が強く、今でも"くん"付けしたくなる)が弱々しくて可愛い上に、なんですかあの画による泣きの表現の細かさ!(驚)
段々と泣きそうになっていく過程で瞼が赤くなっていったりしたし・・・。
頬が赤くなるとかよくありますが、瞼って妙に新鮮でした。
誰かが細かくこだわってやったのだろうか・・・。

そういえば森川智之さん、いませんでした。
立人の姿は出てきましたけど。
(原作にあの場面があったかどうかは覚えていませんが、立人があれでノエイに気づかないってちょっと違和感)
ちなみに諏訪部順一さんも登場なし。
浪川大輔さんも結局はひと言だけでした。
柿原徹也さんはひたすらに「花鹿さまぁ~!」な感じ(笑)。

今週は小野大輔さんがたくさん喋っていたような印象があります。
頭の中で愚痴る時とイズマルを嫌々ながらたらしてる時の声の温度差が素敵(笑)。

エディ、出てきました。
この人とユージィンの組み合わせ、絶対合わなそうなのになんとか成り立っているところが好きです。楽しい。
そしてエディの声優さん、わかりませんでした・・・。(+_+)
イメージは合ってたのでこれから覚えたいと思います。

んで。

個人的今週の最大衝撃は・・・・・・ナジェイラの声!

あまりに想像と違っていてびっくり。
そうくるか~の更に斜め上をいったような感じでした。
私の中ではこのキャラは豊口めぐみさんとか高山みなみさんとか、そういう感じの女の子の声でしたから。
いや~・・・花鹿の発音以上に自分のイメージが違っていることに驚きました・・・。

イズマルはまんまで違和感なかったですし、後まだ出てないそれなりの立場のキャラって・・・・・・誰かいたかな??
キティさんは写真の顔や回想の姿とかしか出てこないから喋らないし。
あ~でもハリーとのラブラブ話、今でも超見てみたいです。
ハリーが花鹿に語ったことから話を膨らませて一話でいいからパパママ編をやってくれないだろうか・・・(夢)。

それと後は・・・・・・もう出尽くしちゃったかなぁ・・・って、そういやリンリーがいましたね!ラストのひとつ前の爆弾キャラ(笑)。
もうこの人はすっごいブリブリ声でカマして欲しいです。腹立つくらいに。

後は~~・・・もういないか。
少なくとも好きな男性声優さんが増えるようなキャラはいなかったと思います。
でも思わぬところで思わぬ人が出てくれたらいいなぁ。楽しいし。
羽多野渉さんみたいに。
(はたのさん、字、合ってますか…/苦笑)

アニメ後のインタビューは先週に続いて浪川さんと小野さん。
で、今週のメインは浪川さん。
そういやOP前にナレーションでさらっと「W大輔コンビ~♪」とか言われてた(笑)。

浪川さんの地声って以前にも聞いたことがあるハズなのに、何故か「演じてる時とは声の力の入れ方が違うんだなぁ」と思いました。
ルマティのことはやはり成長していく過程に思い入れがある様子。
最も分かりやすく成長・変化の振り幅が広いルマティは、演じる側も面白いんじゃなかろうか。※素人の憶測。
浪川さんはSWのアナキンでもいちキャラの人生の長い時間を演じていますし、個人的にルマティのこれからがスゴく楽しみです。

てか、小野さんもちゃんとルマティ話に絡んできてましたね(笑)。
浪川さんの言っていた「これからスゴく泣くシーンがある」「誰と泣くのかも含めて見て欲しい」ですが・・・・・・原作を知っているので勿論どこの話かわかりました。
というかこの展開って、何も知らずに見ている人には予想が出来るものなのかなぁ?
漫画を読んだ時の自分がどうだったかはもう思い出せません・・・(苦笑)。

あ~例のシーンでは是非ともあのキャラにはフランス語を話していただきたいです。
小野さんが英語を喋ったみたいに。
・・・無理かなぁ・・・。
別にフランス語を喋らなくても成立しちゃうもんなぁ、あそこって(涙)。


こんなにまめに書く予定はなかったのに、何故か二週連続で書いてしまった花咲けでした。しょうもないこと書いてるなぁ!(苦笑)
関連記事
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0

0 Comments